理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 梅毒が21年ぶりに流行!!






カスタム検索

梅毒が21年ぶりに流行!!

都市部を中心に男性に梅毒が再流行しています。

2013年の梅毒患者数は、1226人で2014年5月まででも548人と、昨年を上回るペースで患者が増加し続けています。

患者数が一番多いのは、東京で172人続いて大阪の71人、愛知の56人、神奈川の36人、千葉の20人と都市部で患者が増加し続けています。

梅毒患者のおよそ80%が男性で、特に20~40代を中心に増加し続けていますが、これは、男性同士の性的接触による感染が多いからと考えられています。

しかし、最近は女性にも感染が広がりつつあります。

梅毒は、性行為やオーラルセックスで感染し、コンドームを使用しても感染予防が難しい性行為感染症で、尚且つ感染しても典型的な症状が出る場合は少ないことから、感染するような危険な行為してしまった場合は必ず行為から1ケ月が経過して時点でSTSの梅毒検査を受けることです。

但、TP検査は行為から1ケ月では受ける時期が早く、感染していたとしても偽陰性となることがあります

何度も言っていますが、梅毒に感染してもペニシリンによって治療が可能なために、必ず検査を受けて早期に治療することです、早期なら2週間ほど薬をのみ続ければ完治します。

梅毒に感染して知らずに放置して、性器粘膜がただれているにもかかわらずコンドームなしの性行為をすればHIVの感染リスクは数十倍から百倍高くなりますので注意が必要です。 


梅毒患者の増加は、HIV感染者の増加につながると専門家は指摘しています。

抗生物質の普及によって梅毒が完全になくなるというのは幻想でしかありません、現在は特に増加傾向にあることを心に留めて感染予防に努めて下さい。

  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 梅毒が21年ぶりに流行!!

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア