理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVの"隠れ家"!!、感染後早期に形成により完治の希望が無くなるのか!!??






カスタム検索

HIVの"隠れ家"!!、感染後早期に形成により完治の希望が無くなるのか!!??

サルを使用したHIV感染の実験によりHIVが体内に侵入してから数日以内に抗HIV薬から逃れるための"隠れ家"を設けること分かったとの研究論文が、2014年7月20日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表されました。

サルのHIVであるサル免疫不全ウイルス(SIV)に感染したアカゲザルでは、感染後著しく早期に"隠れ家"が設けられることが、今回の最新研究で明らかになりました。

このHIVの"隠れ家"は人にもあてはまるとすれば、HIVに感染後の「極めて早期に」治療を開始することが不可欠かもしれないという懸念が持ちれています。

今回のサルを使用した研究結果が人に当てはまれば、HIV感染早期の抗HIV薬が役に立たないことになりかねません。

HIVが体内に侵入するとHIVが"隠れ家"に潜伏し、潜伏したHIVのDNAは感染した免疫細胞内で何年もの間、抗HIV薬による治療や免疫系の影響を受けずに「休眠の状態」になることができることから治療を中断するとすぐにHIVの増殖が始まるので、薬の服用を一生続けなければならないことになります。

HIVの細胞内の"隠れ家"に関しては、感染後のどの時点で、またどの場所で設けられるのかなど、その実態はほとんど分かっていません。

"隠れ家"はサルによるものでまだ人では確認されていない上、SIVとHIV感染の間には重要な相違があると考えられています。

仮に人のケースでも、血液からの検出が可能になる前のタイミングでHIVが"隠れ家"に潜伏してしまうのであれば、有意な早期治療の開始が極めてに困難になる可能性が示唆されます。

2014年7月現在、有効なHIV感染予防ワクチンは存在せず、体内に侵入したHIVそのものを無毒化する抗HIV薬も存在しないことと、今回のHIVの"隠れ家"が人にも確認されれば『早期発見・早期治療』の考え方が崩れ去りより一層HIV感染の治療が困難になることになります

重要ことは言うまでもなく、各自が『セイフティ・セックスに務めること』と『感染予報対策を行い感染を防ぐする』しか対策はないということです。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIVの"隠れ家"!!

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア
    広告
    ↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
    アフィリエイト
    2016/04/22~2016/07/23
    シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
    2016/06/17~2016/09/17
    ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
    ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
    2016/07/15~2016/10/15
    ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
    2016/08/12~2016/11/12
    格安の結婚式を札幌で探す