理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 梅毒感染にご注意!!






カスタム検索

梅毒感染にご注意!!

国立感染症研究所の調査によると、2013年の梅毒総報告数は1226人で、2012年の875人に比べると1.4倍に増加しています。

性別では、男性が989人(80.7%)と大多数を占めており、男性の人口10万人あたりの発生数は1.6人でした。特に、男性の25~29歳が3.9人と高く、次いで35~39歳が3.4人という統計調査があります。

ここ数年増加の傾向が著しいです。

梅毒感染は、梅毒トレポネーマに“直接触れる”ことによって感染します。

ペニスや膣などの生殖器の周辺だけでなく、肛門周囲や口や喉の粘膜にも梅毒トレポネーマが存在する痛みのない硬性下疳ができます。

この下疳中には無数の梅毒トレポネーマが存在し、これに触れることにより梅毒トレポネーマに簡単に感染してしまいます。

梅毒の感染は、膣性交、肛門性交だけで感染するのではなく、ディープキス、フェラチオ、クンニリングス、リミングといったオーラルセックスでも感染します。

しかもコンドームを使用しての行為でもコンドームに保護されていない部分が、硬性下疳に触れることによって感染してしまいますから、コンドームで梅毒は感染予防が出来ないという厄介な性行為感染症です。

しかし、梅毒トレポネーマに直接触れることがないトイレの便座、ドアノブ、プール、お風呂、鍋をつつきあうことなどでは感染することはありません。

特に厄介なのは、梅毒に感染して粘膜がただれていると、HIVにきわめて感染しやすくなります。

つまるところ梅毒に感染している人は、感染していない人の数百倍、HIVに感染しやすくなると言われています。

このことは、梅毒感染者にHIV感染者が多いことからも言えることです。

リスクが高いと思われる風俗でのこれらの行為や不特定多数の人との行為は、梅毒感染の危険を伴いますので呉れ呉れもご注意を!!!

そして梅毒の感染は、HIV感染のリスクを増大されることをお忘れなく!!

梅毒感染は、ヒタヒタと忍び寄ってきています。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 薬・医者・病院等
    ジャンル : 心と身体

    tag : 梅毒感染にご注意!!

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア