理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 血液一般検査でHIV感染の判断は可能か?-その2.解答編-






カスタム検索

血液一般検査でHIV感染の判断は可能か?-その2.解答編-

血液一般検査でHIV感染の判断は可能か?の解答を致します。

結論を言いますと、"間違っています!!"

その理由ですが、

HIV感染の判断は、HIV検査を受けないとわかりません。

この御仁は、HIVに感染すると免疫細胞が破壊されために免疫不全に陥ることからして、リンパ球が基準値内で数値であることから、HIV感染が否定出来ると判断したのでしょう。

確かに、リンパ球の一種であるCD4陽性Tリンパ球はHIV感染によって破壊され、減少することは間違いありません。

即ちHIVに感染して日にちが経過しますとリンパ球数が減少することは事実ですが、HIV感染初期においては著しい低下まではいかず、基準値内に入っていることがほとんどです。


それ故にリンパ球が減っていないからHHIVに感染していないとは言えません。

逆にリンパ球数が減ったからといってHIVに感染しているとも言えません。

なぜなら、HIV感染以外の原因でもリンパ球が減ることがあるからです。

HIV感染の判断は、検査に適した時期にHIV検査を受けないと出来ません。

※リンパ球は病気の種類によって増減しますから、単にリンパ球が増えているからHIVには感染していないとは言えません※

HIV感染の不安があれば検査を受けるしか確かめる方法はありません。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 血液一般検査でHIV感染の判断は可能か?-その2.解答編

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア
    広告
    ↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
    アフィリエイト
    2016/04/22~2016/07/23
    シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
    2016/06/17~2016/09/17
    ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
    ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
    2016/07/15~2016/10/15
    ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
    2016/08/12~2016/11/12
    格安の結婚式を札幌で探す