理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- NAT検査(核酸増幅検査)の欠点について






カスタム検索

NAT検査(核酸増幅検査)の欠点について

日本の血液センターでは、世界に先駆けてNAT検査によるHBV・HCV・HIVの検査を平成11年から導入しています。

NAT検査とは核酸増幅検査(Nucleic acid Amplification Test)の頭文字を取ったものです。

この検査はウイルスの遺伝子の一部の核酸を取り出し、その核酸を化学的処理により倍々で増やして(増幅)、増えた核酸を検出することで遺伝子の有無を確認する検査法のことです。

NATを使用したウイルス検査法はウイルスの持つ遺伝子を数万倍以上に増幅して検出するため、HIV抗体検査に比べ、極めて感度の高い検査法です。

NAT検査は結果がわかるまでに数時間を必要とすることと、検査件数が多いこと、更に検査費用がかかることから、最初は100人の血清をプールしてその一部を採取して検査をしていましたが、プールすることにより感度が低下し、見落としが発生したことから50人プール法に変更しましたが、やはり感度の低下で見逃しが起きたことから平成16年には20人プール法で検査を実施してきましたが、平成25年に見逃しによるHIV感染が発生したわけです。

いくら感度の良い検査でも本来ひとりひとり検査すべき正規の検査法で検査せずに、経費節減のためとはいえ、プール法で検査すること事態問題があります。

正規の検査法で検査すれば"ウインドウ期"が11日であるものが、20人プール法で検査したために"ウインドウ期"が20日以上となれば当然見逃す確率は高くなります。

血液センターでは、検査目的の献血をしたためにHIV感染が発生したと言っていますが、確かに検査目的の献血はしてはならないものですが、血液センターにおいても正規の検査法でNAT検査をしていないことから、今回の感染事故に対する謝罪をしていないのはおなしなことと言わざるを得ません。

万全の対策を取らずに発生した事故に対して一方的に、検査目的の献血をした献血者が悪いという論法は通用しません。

遅ればせながら血液センターもNAT検査を20人プール法からひとりひとり検査する正規法に変更するようですが事故が起きてから変更するのはお粗末極まりない話です。

NAT検査を正規法で実施してもやはり11日の"ウインドウ期"は存在しますので、HIVに感染するような行為をした人は絶対に献血をしてはいけません。

安全な血液を患者に提供する必要上これは絶対に守る必要があります。

【追加】

NAT検査は、血液センター専用の検査で医療機関や保健所等では受けることは出来ません。

医療機関や一部の保健所で実施しているNATと便宜上呼んでいる検査は、本当のNAT検査ではなく『リアルタイムPCR検査』です。

便宜上『リアルタイムPCR検査』をNAT検査と呼んでいるだけです。

『リアルタイムPCR検査』は、プール法で検査するのではなくひとりひとり検査をしています。


  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : NAT検査

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア