理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2012年1年間の日本におけるHIV感染者及びAIDS患者の現状






カスタム検索

2012年1年間の日本におけるHIV感染者及びAIDS患者の現状

2012年1月1日から2012年12月31日までの日本におけるHIV感染者及びAIDS患者の発生状況について解説いたします。

1.新規HIV感染者

1,002 件で昨年より減少し、過去6位。

同性間性的接触による感染者が 724件(全HIV感染者報告数の約72%)

異性間性的接触による感染が 180件(全HIV感染者報告数の約18%)

静注薬物による感染が5件

その他、18件

感染経路不明、75件

※年齢別では、20~30代に多くの感染者が集中しています。

 2.新規AIDS患者


447件で昨年より減少し、過去3位。


同性間性的接触による感染者が、238件(全AIDS患者報告数の約53%)
 


異性間性的接触による感染が、114件(全AIDS患者報告数の約26%) 


静注薬物による感染が、3件



その他、8件 


感染経路不明、84件


※年齢別では、20代以上に幅広く患者分布し、特に30~40代に多い。 


上記データをまとめると、


1.新規HIV感染者報告数は、2008 年以降、増加傾向から横ばいに転じている。


2.新規AIDS 患者報告数は、日本国籍男性を中心に増加傾向から横ばいとなりつつある。 



3.感染するような危険な行為をしてもHIV検査を受けずに、数年放置し体調が悪くなってから受診し、その時にHIV感染を告知されるものが相変わらず多く見られます。
即ち"いきなりエイズ"です。


4.HIV感染は、早期に発見し早期に適切な治療を受けることによりAIDSの発症を抑えることが可能であるので、感染するような危険な行為した場合は、適切な時期に必ずHIV検査を受けることです。


5.一番大切なことは、感染するように行為をせずにセイフティセックスに各自が心がけることです。


詳細は、無料メルマガ『鉄人レター』で近日中に発表の予定です。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 日本におけるHIV感染者及びAIDS患者の現状

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア