理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVスクリーニング検査で陽性と出たらどうする??!!-その2.即HIV感染と判断できるのか?-






カスタム検索

HIVスクリーニング検査で陽性と出たらどうする??!!-その2.即HIV感染と判断できるのか?-

前回の続きです。

ウエスタンブロット法で確認検査をしなければならない理由とは何なんでしょうか??

現在使用しているHIVのスクリーニング検査は、第4世代が主流となってきています。

従って早い時期にHIV-1の抗原を検出することが可能となっています。

ここで忘れてはならないことは、スクリーニング検査は真のHIV感染者を見逃さないために検出感度を上げていることから、どうしても偽陽性反応の出現は防ぐことはできません。

一般的には0.3~3%の頻度で偽陽性反応は出現します。

そのためHIVスクリーニング検査陽性=HIV感染確定!とはなりません。

HIVスクリーニング検査陽性=HIV感染あり?です。

偽陽性反応をふるい落とすために確認検査が必要となるのです。
確認検査のウエスタンブロット法は、HIVのさまざまな部位に対する抗体を測定し、スクリーニング検査陽性となった原因抗体が本当にHIVに対する抗体であるかを調べる検査です。

ウエスタンブロットは、特異度は100%ですが感度は低いという弱点もあります。

そのために抗原抗体検査で早期に陽性となった場合、真の陽性者でもウエスタンブロット法陰性という結果が出ることがあります。

そのために現在では、リアルタイムPCR検査を合わせて確認検査として実施しています。

HIVスクリーニング検査が陽性の場合は必ずウエスタンブロット法とリアルタイムPCR検査を合わせてを行うのが最近のHIV検査確認の現状です。

【要注意】

確認検査のウエスタンブロット法をHIVのスクリーニング検査として使用することはできません。

なぜなら、特異性は極めて高くても感度か低いことから、HIV感染者を見逃すことがあるからです。

【HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 病気・症状
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIVスクリーニング検査で陽性と出たらどうする

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア
    広告
    ↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
    アフィリエイト
    2016/04/22~2016/07/23
    シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
    2016/06/17~2016/09/17
    ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
    ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
    2016/07/15~2016/10/15
    ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
    2016/08/12~2016/11/12
    格安の結婚式を札幌で探す