理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV完治者は存在するのか?






カスタム検索

HIV完治者は存在するのか?

HIVに感染すると、血液中でHIVは急激に増殖し白血球の一種のリンパ球のTリンパ球のCD4に感染して、CD4を破壊しながら増殖します。

そのために感染した人は、免疫機能を司るCD4が減少することから、免疫力が低下して日和見感染症に感染することになります、これがAIDS発症です。

HIVに感染して、抗HIV薬を服用して早期に治療を開始すれば、AIDSの発症を抑えこみ普通の社会生活を営むことが出来、天寿を全うできるようになってきていますが、根本的にHIVを完全に殺して治すことは現時点では出来ません。

しかも、一生涯抗HIV薬飲み続ける必要があることと、副作用もあることから大変なことに変わりありません。

その上、HIVに感染して抗HIV薬を服用しても、体の中のHIVを完全に死滅さすことができないことから完治した人は存在しません。

また、HIV感染予防ワクチンも無いことから、HIVに感染しないようにするしか対策は現時点ではありません。

HIVが発見されてから30年以上が経過しますが、HIVが完治した人は、全世界で米国人男性"1例"しか存在しません。

この1例も抗HIV薬の服用で完治したのではなく、彼が白血病も患っていることから、2007年にドイツで骨髄細胞の移植を受け、その1年後の検診で体内には白血病の症状もHIVも消失して完治していることが判明しています。

HIVが完治した理由としては、骨髄移植と考えられていますが、どの様な機序で体内のHIVが消滅したかははっきりとはわかっていません。

それでは、HIV治療として骨髄移植をすれば良いと考えられますが、骨髄移植は提供者の選択、免疫抑制と感染症感染防止などが難しく簡単には実施できる方法ではありません。

そのためHIV治療に積極的に骨髄移植を実施することは不可能です。

この様に、2012年現在でもHIVを身体の中から完全に排除する抗HIV薬は存在しませんので、HIVに感染しないようにすることか唯一の治療法ということになります。

早くHIV感染予防ワクチンとHIVを完全に殺す抗HIV薬の開発が望まれていますが、まだまだ先の見えないのが現実です。

くれぐれもHIVに感染しないように心がけることです。


【HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV感染 HIV HIV感染予防ワクチン 抗HIV薬 骨髄移植 AIDS

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア