理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- オーラルセックスによるHIV感染の可能性について-2-






カスタム検索

オーラルセックスによるHIV感染の可能性について-2-

前回の続きです。


3.女性がHIV感染者の性器を舐めた場合

単に男性性器を舐めるだけであれば、HIVの感染はありません。

また、カウパー液が出ていた場合も、カウパー液の中のHIVの量が少ないことから、HIV感染のリスクは極めて低いと考えられます。

口内射精をされたときは、精液中のHIVが口の中の粘膜から侵入して感染するリスクは高くなります。

4.HIV感染者の女性が男性の性器をなめた場合

唾液に含まれるHIVは極めて微量ですから唾液からHIVに感染することはありません。

口腔内に傷がある場合は、血液の量が少なければ、HIV感染のリスクは低いですが、多くの出血があればペニスの粘膜や尿道からHIVに感染するリスクは高くなります。

口の中一杯に出血しているような状態で男性性器をなめることは、現実的には考えにくいと思います。

総 括

以上のことからしてオーラルセックスからのHIV感染のリスクは、多くの出血が伴わない限り、HIV感染のリスクは非常に低いと考えられますが、絶対に感染しないとは言えませんので、男女のコンドームを使用して感染予防をする必要があります。

一般的にオーラルセックスによるHIV感染のリスクが低いと言って、決してオーラルセックスを推奨していませんので、この点を誤解しないでください。

医学的に低いながらでも感染リスクがあれば、そのような行為をしない、行為をする時は感染予防対策を必ずすることを怠らないように!!くれぐれもお忘れなく。



【HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV感染 カーラルセックス HIV

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア