理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 迅速抗体検査は何故偽陽性反応が起きやすいのか?






カスタム検索

迅速抗体検査は何故偽陽性反応が起きやすいのか?

メールや電話相談で、迅速抗体検査偽陽性反応についての質問が多く寄せられていますので、今囘は、迅速抗体検査偽陽性反応について解説してみます。

迅速抗体検査は、即日抗体検査とも呼ばれますが、ここでは迅速抗体検査と表現して解説を進めていきます。

ま先ず最初に申し上げておきますが、どのような感染症検査でも偽陽性反応は存在します。

偽陽性反応の起きない感染症検査はありません。

偽陽性反応の出現する理由としては、感染者を見逃さないために検査の「感度」が高くなるように造られていますから、どうしてもニセの陽性反応(偽陽性反応)は出現します。

それでは、「感度を落とせば偽陽性反応の出現はなくなるのでは?」という素朴な疑問が起こりますが、確かに「感度」を落とせば偽陽性反応の出現率は非常に低くなるか、出現しなくなります。

しかし、「感度」を落とすことにより本当の陽性を見逃すことになります。

HIV検査は、感染者を見逃さないために感度を高くしていますから、当然偽陽性反応の出現率は高くなります。

偽陽性反応が出ても、他のHIV検査や確認試験で本当の陽性か否かの検査を行い、陽性の確認ができることから問題はないとされています。

ただし、偽陽性反応となった人の心配は大変なこととは思いますが。

迅速抗体検査は、感度を高くしていることからどうしても偽陽性反応の出現率は高くなってしまいます。

それともうひとつ、検査の判定を肉眼でラインの色で判定することから、どうしても判定者の主観が入り、偽陽性反応の出現率が高くなってしまいます。

判定者が神経質な人であれば、ラインをまじまじと見て、有るか無いかを必要以上に見ることにより、陽性ラインが有るように見えてしまい、それを陽性と判定することもしばしばあります。

悪い表現ですが、「あると思って見れば、ある」という事です。

※本当の陽性反応は判定ラインにくっきりとラインが現れることから見逃すことはありません※

その為に迅速抗体検査の偽陽性率は、他のHIV検査に比べて高い原因の一つと考えられています。

機械使って客観的に数値で判定する検査は、このような人の主観による偽陽性反応は出ることはありません。

迅速抗体検査の偽陽性の原因は、

1.感度が高い検査の宿命

2.判定の際の人為的偽陽性


の2つが考えられます。

ただ、人為的判定による偽陽性反応以外で出現する偽陽性反応の原因ははっきりしていません。

【HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 迅速抗体検査 偽陽性反応

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア