理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 不安な行為から3週間後に発疹が出ました!!これはHIV感染??-その真実は-






カスタム検索

不安な行為から3週間後に発疹が出ました!!これはHIV感染??-その真実は-

再度発疹をよく見てください。

発疹-1-

コンドーム無しの性行為の約3週間後の朝、38~39℃前後の発熱と共に耳介後部、後頭部、頚部のリンパ腺の腫れが現れ、その数時間後痛みと痒みのないバラ色の発疹が全身にできてきました。

発熱と耳介後部、後頭部、頚部のリンパ腺の腫れは5日後に収まりましたか、発疹は消えず、その後猛烈に痒くなりました。

この発疹の分析を行いますと、

1.全身のリンパ腺は腫れること無く、耳介後部、後頭部、頚部のリンパ腺が片方ずつ腫れた。

2.発疹は全身に出来た時から、痒みも痛みもなかったが、その後猛烈に痒くなった。

3.痒みは強烈でおよそ1週間前後続き、痒みが収まると発疹は消えていきました。

この発疹は風疹(三日はしか)によるものです。

子供が風疹に罹り、子供から感染したと考えられます。

大人が風疹にかかると以外に重たい症状となります。

このように不安な行為の後、大人が風疹に感染するとあたかもHIVに感染して初期症状が発現したと勘違いしてしまいます。

このような症状を呈した人物も、30日後の抗原抗体検査と12週後のHIV抗体検査が陰性であることが確認され、HIV感染は否定されました。

この事例からも明らかなように、発熱・リンパの腫れ・発疹からはHIV感染の判断はできません。


HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 病気・症状
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 発疹 初期症状

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア