理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- エイズノイローゼに陥らない為に-フェラチオ編-






カスタム検索

エイズノイローゼに陥らない為に-フェラチオ編-

エイズノイローゼに陥らないために気をつけることを数回に分けて解説していきます。

よく読まれてエイズノイローゼに陥らないようにしてください。

フェラチオ

フェラチオをする側

1.口内射精をされなければHIV感染はありません。

2.口内に射精された場合は、口の中の粘膜と、HIVを含んだ精液が接触することにより、HIVに感染する可能性が出てきます。

すぐに吐き出したり、うがいをすることにより感染の可能性少しは低下させることが出来るという説もありますが、射精された精液中のHIVは口の中の傷ついた粘膜から直ぐに侵入することからして、うがいは感染予防にはあまり役立たないと血液の鉄人は考えています。

しないよりまし程度と考えておくべきでしょう。

また、カウパー液から感染したとの正式な報告はありませんが、感染の可能性がないとは言えません。

従ってフェラチオをする場合は、感染予防の観点から必ずコンドームを装着してからするべきでしょう。

フェラチオをされる側

1.相手の唾液から自分のペニスや尿道へ感染することはありません。

2.相手の口内の傷からHIVを含んだ出血がある場合は、その血液によって尿道や傷ついた亀頭部分などから感染する可能性があります。

ただし、口の中は物を食べたり、歯があたったりして、微量の出血は誰にでもありますから、微量の出血からはまず感染することはありません。

ペニス全体が覆われるような多量の出血が口の中にあれば、当然感染のリスクは高くなりますが、このように口の中一杯に出血している状態でフェラチオをすること事自体考え得くいことです。

いずれにしても感染予防の観点からは、コンドームをしてからのフェラチオをしてもらうことです。

コンドームを使用してのフェラチオは、HIV感染の危険性がないことから、行為の後感染を心配してのエイズノイローゼに陥ることはありません。



HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : エイズノイローゼ フェラチオ コンドーム HIV

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア