理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染による症状と思われやすいりんご病に注意






カスタム検索

HIV感染による症状と思われやすいりんご病に注意

患者の唾液などに含まれるヒトパルボウイルスB19が原因で、子供がかかりやすい病気です。

感染すると頬が赤くなることから「リンゴ病」の名で知られている「伝染性紅斑」が流行しています。

子どもの場合10~20日の潜伏期間の後、ほおや手足などに赤い斑が現れほとんど自然に治りますが、成人の場合は、風邪のような症状と共に発熱、頭痛、悪寒そして手足そして身体に発疹が出て、手首や腰、膝などに痛みが走り、強い関節痛を伴います。

感染経路は、ウイルス保有者の唾液から感染しますので、咳などに唾液の飛沫による飛沫感染、唾液に接触して感染する接触感染がありますし、当然キスからも感染します。

赤い斑点はよく観察すると連なっていてレース様と表現されますが、実際には赤い斑点(紅斑)のように見えることから、HIV感染による初期症状の発疹と思い込んでしまいます。

その為HIVに感染する可能性のある行為をした後に、「リンゴ病」に感染すると、あたかもHIVに感染し、初期症状が現れたと思い込んでしまうことがあります。

実際、「リンゴ病」に感染して、HIVの初期症状が現れたと思い込み、落ち込んでしまった人からの相談も寄せられています。

一見してHIV感染による初期症状に似た症状が発現することから、殆どの人がHIVに感染して出てくる症状と思い込んでしまいます。

発疹が出て直ぐに皮膚科を受診すれば、特徴的な発疹であることから直ぐに「りんご病」と診断されますので、発疹が出れば迷わず直ぐに受診されることです。

呉れ呉れも「りんご病」にはご注意下さい。


【HIV/AIDS及び性行為感染症に関する相談・質問は以下を利用ください】
↓  ↓   ↓
「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    tag : りんご病 HIV 伝染性紅斑

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア