理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 3."いきなりエイズ"は本当に防ぐことが出来るのか?






カスタム検索

3."いきなりエイズ"は本当に防ぐことが出来るのか?

"いきなりエイズ"を防止するには、HIV検査を受けることしかありません。

HIVに感染して自覚症状はほとんど無いことから自分では感染に気づくことはありません。

また、最近の研究では、HIVに感染してからエイズを発症するまでの期間が短くなってきています。


これは、HIV自身が変異を起こして人間の免疫攻撃から逃げるようになったため、今までよりも体内での増殖スピードが速くなったことが原因と考えられています。

これによって、"いきなりエイズ"の危険性が更に大きくなっています。

HIVに感染してからエイズを発症するまでの機関が短くなっているということは、HIVに感染する可能性のある行為をすれば、"いきなりエイズ"にならないためにも、必ず早期にHIV検査を受けて下さい。

自覚症状がなくても、感染の可能性に思い当たる行為をしていればHIV検査を必ず受けることをお勧めします。

仮にHIVに感染していたとしても、早期にHIV検査を受けて感染が分かれば抗HIV治療によって、エイズ発症を抑えることが可能です。

今まで通りに普通の社会生活を営めることが出来ます。

"いきなりエイズ"を発症してから治療を受けても治療効果は望めません。

「検査を受けてもしも陽性と言われれば怖い!」と言って検査を受けないことがもっと怖いことになります。

"いきなりエイズ"とならないように注意する必要性を十分認識しておくことが大切です。

エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV いきなりエイズ エイズ HIV検査

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア