理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- クンニリングスによるHIV感染はあるのか??!!






カスタム検索

クンニリングスによるHIV感染はあるのか??!!

医学的には低いながら感染の可能性はあります。

クンニリングスの場合、膣分泌液が口の中にはいることから、喉の粘膜の傷口からHIVが感染する可能性は当然あります。

少量の膣分泌液口の中に入る場合は、HIVの感染力は非常に弱いことから、HIVの感染リスクは非常に低いですが、口の中に多くの膣分泌液が継続的に入れば、当然HIVの感染リスクは高くなります。

まして血液が口の中に入れば、感染リスクは極めて高くなります。

フェラチオの場合、コンドームを使用することにより、HIV感染の予防が可能ですが、クンニリングスの場合は女性用コンドームの普及が低いことからして、感染予防が徹底されていません。

性遍歴の分からない女性にクンニリングスをしたときは、速やかに口内を洗うことが感染の可能性を低下することになります。

クンニリングスを受ける側としては、する側の口の中に出血がなければ、唾液からのHIV感染はありません。

しかし、相手の口の中に多くの出血があり、クンニリングスにより膣内に血液が入れば、当然HIVの感染リスクは非常に高くなります。

クンニリングスによってHIVに感染したという正式な報告はありませんが、クンニリングスではコンドームのような有効な予防手段がないことからして、感染には十分注意する必要があります。

ここで重要なこととして、クンニリングスをする人もされる人も、梅毒・淋菌・クラミジア・ヘルペスなどの性行為感染症に感染するリスクは極めて高く、実際感染した人は多く報告されています。

疑わしくは予防することが必要です。

【エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : 性行為感染症 HIV クンニンリングス

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア