理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVに感染して抗HIV薬による治療費用はどれくらいかかるのでしょうか?






カスタム検索

HIVに感染して抗HIV薬による治療費用はどれくらいかかるのでしょうか?

抗HIV薬は、医療機関で医師の処方により使用され、抗生物質や風邪薬と同じように健康保険の適用となっています。

世間一般に抗HIV薬は、"値段が高価である"ということが知られています。

1カ月の治療費を全額自費で支払うと約20万円前後かかります。

健康保険を使えば自己負担は3割ですから、毎月約6万円の医療費を自分で支払うことになります。

この月6万円の医療費というのは、一生涯続けなければならないために非常な負担となります。

何か対策はないのでしょうか?

費用負担を軽減させる社会保障制度があります。

そのためには、HIVの治療を必要とする方は、身体障害者手帳の申請をする必要があります。

身体障害者手帳制度および障害者自立支援制度を用いることで、自分の収入に応じた負担額(無料から約2万円程度)の他は、自治体からの支援を受けることができるようになっています。

それでは、HIV治療に対する医療費は、日本全体でどの程度かかるのでしょうか?

大まかな計算となりますが、HIV感染者が早期に適切な治療を開始すれば、余命は40年程度と考えられていますから、HIV感染者ひとりあたりの医療費は、およそ1億円弱かかることになります。

ひとりあたり1億円がかかると想定して、これから毎年11500人以上のHIV感染者が発生すると仮定すると、毎年1500億円以上の医療費が必要となります。

考えれば考えるほど日本経済に与えるダメージは大きく、今の社会情勢では、いずれは医療費増加により保険制度が崩壊してしまう懸念があります。

この様なことからして、一番重要なことは、「HIVに感染しないように各自が正しい予防対策をすることです」。

正しく予防しない人には、HIVは虎視眈々と次の感染ターゲットとして狙いを定めているのです。


【エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 抗HIV薬

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア