理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 性行為で感染する欧米型のHBV(B型肝炎ウイルス)が増加しているのを知っていますか? 






カスタム検索

性行為で感染する欧米型のHBV(B型肝炎ウイルス)が増加しているのを知っていますか? 

欧米型のHBVは感染すると慢性化する可能性が高く、感染によって肝硬変や肝臓がんとなるリスクも高くなります。

今後、性行為によって感染する欧米型のHBVの感染予防対策が必要となってきています。

本来HBVは、感染者の血液や体液によって感染し、感染時期や感染時の健康状態によって、一過性に発症する"急性肝炎"と"持続感染による慢性肝炎"とに分類されます。

"慢性肝炎"は、症状がなく感染を自覚しない人が多いことから、適切な治療を行うのが遅れたりして、感染に気づいたときには既に肝硬変、肝臓がんと病態が進行している人が多く見られます。

"慢性肝炎"へと移行する原因としては、新生児期や乳児期の免疫力の未完成な時期に感染した場合と、成人では性行為による感染によります。

HBVの遺伝子型は、AからJまで10の存在が確認されており、従来から日本に多く見られる遺伝子型はBやCで、新生児期?乳児期の感染によって慢性化しますが、成人後の感染では急性肝炎を経て自然治癒するか、症状がないままHBVが体内から排除されるかで、慢性化することはほとんどありません。

しかし、欧米に多い遺伝子型Aに成人でも感染すると、およそ10%が慢性化する傾向にあります。


2000年と2006年に、国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センターの調査によりますと、欧米に多い遺伝子型AのHBVが2000年には、12人であったのに2006年には44人と3倍以上に増加しています。

このことからして、以前は日本に存在しなかった欧米型のHBVの感染者が、日本でも明らかに増加しつつあることが分かります。

この欧米型のHBVの感染原因は、主に性行為による感染と考えられ、関東、東海、近畿の大都市圏で若年層を中心に急増している傾向が見られます。

欧米型のHBVの感染予防は、コンドームを正しく使用することにより可能です。


【エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HBV コンドーム 欧米型

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア