理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- いきなりエイズ"はどの程度発生しているのか?ー再認識してくださいー






カスタム検索

いきなりエイズ"はどの程度発生しているのか?ー再認識してくださいー

"いきなりエイズ"について再認識していただく意味から再度解説いたします。

最近"いきなりエイズ"がHIV感染者の30%を占めているという非常にショッキングなデータがあります。

"いきなりエイズ"は、HIV感染が分かったときには既にAIDSを発症している状態で、その割合はHIV感染者の30%を占めており、わが国のHIV感染者の増加につながっていると言われています。


このため、HIVに感染するような危険な行為をした場合には、必ずHIV検査を受けて早期診断を行い早期治療を開始するここと、HIVの二次感染の拡散防止が必要となります。

HIV感染者の年齢層は、20代・30代に多く、AIDS患者は30代・40代が高く50代・60代でも発症しています。
日本におけるHIV感染者とAIDS患者の報告数は年々増加する傾向にあり、近年では年間陽性者数(キャリアー数:HIV感染者数およびAIDS患者数)は1,000人を超え、累積陽性者数も11,036人に達しています。

最近の傾向として、先進各国の中でHIV感染者とAIDS発症者が増加し続けているのは日本だけです。

HIV感染は、HIV検査を受けないと分かりません、HIVに感染するような危険な行為をした場合には、HIV検査を受けられる適切な時期が来れば、早急にHIV検査を受けることです。

HIV感染が怖いと言って何時までも検査を受けず、何らかの体調不良で受診したときにHIV感染が初めて分かった
症例のほとんどは、治療時期の遅れから、AIDSを発症してしまうか、既に発症していることから、予後は非常に
悪くなっています。

HIVに感染する危険な行為は絶対にすべきではありませんが、相手の性編歴が分からない場合は、必ずコンドームを正しく使用して、感染予防対策を各自が行うことです。

HIVに感染する可能性のある行為をしてしまったときは、HIV検査を受ける適切な時期が来れば、出来るだけ早く検査を受けることが"いきなりエイズ"を予防する対策となります。

【エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : いきにりエイズ HIV AIDS コンドーム HIV検査

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア