理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 日本国内においてのHIV-2感染者について






カスタム検索

日本国内においてのHIV-2感染者について

HIV-1は世界的に感染拡大しているタイプですが、HIV-2はアフリカ型と呼ばれ、西アフリカ地域で流行しているタイプです。

HIV-2HIV-1と比べると感染力が弱く、発病するまでの期間も長いとされています。

それでは、HIV-2の日本国内の感染者はどの程度存在するのでしょうか?

日本国内における正確なHIV-2感染例数は未だはっきりとしていませんが、これまでの報告によると、その数は10例に満たない感染者の存在が確認されているだけです。

また、年間多くのHIV検査を行う血液センターでもHIV-2の感染者は確認されていません。

2011年1月現在までに報告されたHIV-1感染者は、

1993年・・・韓国国籍の2人の感染者の報告が国内最初。

2002年・・・HIV検査目的で来日した韓国人男性の感染者。

2004年・・・日本滞在中の西アフリカ男性の感染者。

2006年・・・西アフリカ滞在中に輸血を受けた日本人男性が感染。
      この症例は、日本人初のHIV-2感染者です。

2008年・・・日本人女性2人(20?30歳)が性行為で感染。      
この2人の日本人女性は、海外旅行経験がないことから、この2人の女性のパートナーが、西アフリカ出身の男性であったことから、このアフリカ男性と性行為により感染したと考えられています。

2008年に日本国内で日本女性に性行為によって感染したHIV-2の感染者が発見されたことからして、この後日本国内で性行為によりHIV-2の感染の拡大が心配されましたが、その後2011年1月現在までHIV-2の日本国内での感染者の報告は幸いなことにありません。

このことは、本当にHIV-2の感染が拡大していないのか、実際は感染が拡大しているがHIV検査を受けない人が多いことから、分かっていないだけなのかははっきりとは分かっていません。

現実は静かにHIV-2の感染が拡大している可能性も否定できません。

HIV-2もHIV-1と同様正しくコンドームを使用することから感染予防は可能です、コンドームを使用しない膣性交や肛門性交は絶対にしてはいけません。

望むなら、感染するような行為をしないことが一番です。


【エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV-1 HIV-2

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア