理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV検査の正しい受け方について?その3?






カスタム検索

HIV検査の正しい受け方について?その3?

3.NAT検査

NAT検査は、HIV・HBV・HCVを同時に見つけることの出来る検査法です。

この検査は、HIV・HBV・HCVの遺伝子の一部の核酸を化学的に増幅して調べる検査法で、陽性となった場合は、HIV・HBV・HCVのいずれに陽性か分かりませんので、HIV・HBV・HCVのそれぞれの個別NAT検査を実施してどのウイルスに感染しているかを鑑別します。

NAT検査は、HIV-1とHIV-2の感染を見つけることが可能です。

リアルタイムPCRは、HIV-1の感染しか見つけることが出来ません

また、不安な行為から11日が経過すれば、信頼できる結果が得られます。

そして、このNAT検査法は、血液センター専用の検査法で、医療機関や保健所では受けることができません。

従って医療機関や保健所でNAT検査と呼ばれている検査法は、実際はNAT検査ではなくリアルタイムPCR検査です。

その為、医療機関や保健所でNAT検査をして欲しいと言っても、「NAT検査はしていません」と言われる場合の意味は、以下の二つです。

1.NAT検査は血液センター専用の検査であるから出来ない。

2.NAT検査=リアルタイムPCRと解釈していますが、自分の施設では実施していないから、出来ないと言う。

保健所は別として、全国のどこの医療機関でもリアルタイムPCRは受けることが可能です、自分の施設で検査をしていなくても、外注検査として検査専門の会社に検査依頼が可能です。

「うちでは検査できない、していない」との発言の裏には、

1.検査に対する知識がない。

2.HIV検査などの解釈の難しい検査をしたくない。

等が考えられます。


【エイズに関する相談・質問は以下からお願いします】

「エイズ相談掲示板(PC専用)」

「携帯専用エイズ相談掲示板」

「会員専用エイズ相談掲示板」

「電話相談」

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : NAT検査 HIV

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア
    広告
    ↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
    アフィリエイト
    2016/04/22~2016/07/23
    シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
    2016/06/17~2016/09/17
    ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
    ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
    2016/07/15~2016/10/15
    ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
    2016/08/12~2016/11/12
    格安の結婚式を札幌で探す