理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVのリアルタイムPCR検査は、不安な行為から11日で信頼できるのか??!!






カスタム検索

HIVのリアルタイムPCR検査は、不安な行為から11日で信頼できるのか??!!

不安な行為から11日で、HIVのリアルタイムPCR検査(タックマン HIV-1 「オート」)を受けて、信頼できる結果が得られるか、との質問を、何度も、何度も受けますので、今日はこの点について解説してみます。

不安な行為(コンドーム無しの性行為)をしますと、その時にHIVに被爆(感染する)します。

性器粘膜から、血管に入ったHIVは、血流によって、全身に運ばれます。

血液の中に入ったHIVは、時間の経過と共に血液中で増殖して数を増やしていきます。

これがHIVによるウイルス血漿の状態です。

血液中に入った、HIVは、倍々に増殖していきますので、11日で、HIVのリアルタイムPCR検査(タックマン HIV-1 「オート」)で見つかる量となっています。

その理由は、

血液中のHIVはある一定量あれば、HIVのリアルタイムPCR検査(タックマン HIV-1 「オート」)は、化学的処理により、血液中のHIVを1億倍に増幅させて、HIVの核酸のを見つけることが可能となります。

即ち、化学的処理により、2倍、2倍、2倍と30サイクル増幅することから、
仮に血液の中に2コピーHIVがあれば、最終的には、1,073,741,824コピーになります。

セロコンバーションパネル(HIVに感染した血液を定期的に採血した血清)を使用した、検査検討結果からも、11日では全て陽性となっています。

以上のことから、HIVのリアルタイムPCR検査(タックマン HIV-1 「オート」)は、不安な行為から、11日が経過していれば、信頼できる結果が得られます。

ランキング投票にご協力下さい!!!
    ↓
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : エイズ予防 HIV AIDS

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    医事通信で拝見したのですが、血液センターのNAT検査は、さらに改良されているそうですが、この11日よりもウインドウ期間は短縮されているのでしょうか?

    キューブさんへ

    血液センターの新しいNAT検査でも、ウインドウ期は11日と変わりありません。
    変わったことは、HIV-2が検出出来るようになったことです。

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア