理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 米国高校生の性の実態






カスタム検索

米国高校生の性の実態

ニューヨーク市の高校生に対する2010年の調査で、過去に性交渉の経験がある生徒のうち、同性と性交渉を持った
ことがあると答えた人が9.3%存在することが、明らかになりました。

2005、2007年にニューヨーク市の高校生に対して実施した調査結果によると、性交渉経験がある男子のうち「相手は女性のみ」は93.1%、「男性のみ」は3.2%、「両方」が3.7%と回答しています。

また女子は「男性のみ」88.1%、「女性のみ」3.2%、「両方」8.7%で全体で同性との性交渉経験があるのは9.3%と言う調査結果が得られています。

コンドームの使用に関する調査においても、性交渉でコンドームを使った男子のうち「相手が女性のみ」は79.8%、「男性のみ」が62.3%であるのに対して、「両方」は44.1%と一番低かった。

これらの調査からしても、HIVを含めた性行為感染症の感染予防対策としてのコンドームの使用が、以前として不十分であることが明らかになっています。

HIVを含めた性行為感染症の感染予防教育の先進国である、米国においても高校生のコンドーム使用率が低いことからして、わが国においてはこれ以上使用率が低いと想像できます。

本来、性遍歴の分からない相手とは、HIVを含めた性行為感染症に感染しないためにも、行わないことが求められていますが、現実難しく実行は不可能です、その為にも感染予防対策としてのコンドームの正しい使用が求められます。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 性行為感染症 コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア