理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- クラミジアは本当にコンドームで感染を防げるの??






カスタム検索

クラミジアは本当にコンドームで感染を防げるの??

クラミジア感染は、ディープキスフェラチオクンニンリングスなどのオーラルセックスによって感染することからして、コンドームを性行為時のみに使用しても、感染を防ぐことは困難です。

極端な言い方をすれば、オーラルセックスを全く行わず、最初の挿入からコンドームを正しく使用した場合にのみ、コンドームによるクラミジア感染は予防可能となります。


特に性風俗店でのクラミジア感染が増大していることは、コンドームの使用による感染防止は出来ていないことを証明しています。

クラミジア感染者の現状としては、

1.性器からクラミジアが検出された男性には、咽頭クラミジア感染率が3.9?12.5%

2.性器からクラミジアが検出された女性は、咽頭クラミジア感染率が10.5?26.1%


※不思議なことに、海外では男女間に感染率の差は認められませんが、日本では女性のほうが咽頭クラミジアの検出率は高い傾向にあります。

これは、オーラルセックスを主に行う風俗の女性の方が、性行為を主にする風俗の女性に比べて咽頭クラミジアの感染率がはるかに高いことが疫学調査で確認されています。

更に風俗の女性だけでなく、オーラルセックスを複数の異性としている一般の女性や、ホモセクシャルな男性も感染している人が多いことが知られています。

毎回言っていることですが、クラミジア感染を放置すると、クラミジアによって性器粘膜などがただれて、感染防御バリアが破壊されて、HIVの感染のリスクが極めて効率になることを忘れてはなりません。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
      ↓            ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ   
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : クラミジア HIV ディープキス フェラチオ クンニンリングス オーラルセックス コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア