理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 現在のクラミジア感染症について






カスタム検索

現在のクラミジア感染症について

一般的にクラミジア感染症といえば、性器クラミジアのことを言う性行為感染症ですが、クラミジア感染症の病原体であるクラミジア・トラコマチスは、性器以外にも、目や喉に感染します。

ラミジア感染症の病原体が喉に感染した疾患のことを「咽頭クラミジア」と呼びます。

咽頭クラミジアが疑われる時は、喉の奥の粘膜を採取して病原体のクラミジア・トラコマチスの検出を試みます。

体の細胞内に感染したクラミジア・トラコマチスは、治療をせずにそのまま放置すると、細胞内でどんどん増殖し炎症を起こします。

そのため、「喉の腫れ・痛み」、「発熱」等の症状が見られるますが、咽頭クラミジアの症状は、風邪のときに見られる症状とよく似ていることから、症状だけでクラミジア感染症とは判断できません。

仮に咽頭にクラミジアが感染していたとしても、すべての感染者にこれらの症状が現れるわけではなく、咽頭クラミジアによる症状は比較的軽いことから、咽頭のクラミジア検査でも受けてみなければ感染しているの判断は出来ません。
咽頭クラミジアは、気付かないまま放置していると性器クラミジアよりも治りにくい点で厄介な疾患であるともいわれていますので、注意が必要です。

人の口中には様々な細菌が住み着いていることから、クラミジアが他の細菌と遺伝子交換を行うことで、現在、使われている通常の抗生物質では治りにくい耐性菌が生まれやすいとの報告もされています。

現在風俗店でのオーラルセックス(フェラチオやクンニリングス)で、性器や喉に感染する人が年々増加しています。

更に風俗店で感染しても気づかずパートナーへ感染させてしまうケースも多く報告されています。

風俗店でのオーラルセックスは、性行為をしないことからHIVを含む性行為感染症の感染はしないとの間違った認識を持つ人が多く、その結果クラミジア感染者が増加する一因となっています。

クラミジア感染を放置していますと、性器粘膜などの粘膜がタダレて、皮膚の防護機能が低下して、HIVに感染するリスクが非常に高くなることを忘れてはなりません。

性行為をしない風俗店は安全との神話は存在しません。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 咽頭クラミジア 性器クラミジア HIV 性行為感染症 性行為 オーラルセックス

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア