理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- こんなセックスをしていると性行為感染症に感染するリスクが高くなり危険!あなたは大丈夫ですか?






カスタム検索

こんなセックスをしていると性行為感染症に感染するリスクが高くなり危険!あなたは大丈夫ですか?

これから紹介するような行為をしている人は、HIVを含む性行為感染症に感染するリスクが高くなりますので、注意が必要です。

1.セックスの際には一切コンドームを使用しない。

コンドームは避妊が目的だけでなく、性行為感染症の感染を予防する一番の方法です。
しかし、正しく使用しないと感染予防は出来ません。
コンドームを使用すると快感が得られにくいから、いつも「生でする」人は、HIVを含む性行為感染症に何時感染しても不思議ではありません。

2.セックスする相手が複数いる。

100%安全なセックスパートナーとのセイフティセックスを心がけていない限り、感染のリスクが高くなります。

3.相手に複数のパートナーがいる。

相手が別の人から性行為感染症を感染させられ、その性行為感染症を移される危険が限りなく高くなります。
4.セックスパートナーがよく変わる。

相手の性編歴が分からないことから、性行為感染症に感染しているかどうか、そのたびに確かめるのは不可能なため性行為感染症に感染するリスクが高くなります。

5.生理中もセックスする。

生理中は子宮内膜がはがれ落ち、血管が露出した状態なので、性行為感染症に感染するリスクが極めて高くなります。
男性の場合、コンドームを使用しないと、ペニスに多くの血液が付き、性行為感染症に感染するリスクが極めて高くなります。

6.コンドーム無しのアナルセックスをする。

アナルは本来セックスをする場所ではないことから、ペニスの挿入によ直腸内の毛細血管が傷つき簡単に出血します。
傷つき出血している箇所射精すると、精液の中の性行為感染症の病原体か直接血管の中に入り、瞬時に全身にばらまかれることから、感染のリスクは極めて高くなります。

HIVを含めた性行為感染症は、セックスの最初から最後まで、コンドームをきちんと使用すればたいていは防げる病気です。

相手の性遍歴が分からず、性行為感染症にかかっていないことが確認できない相手との性行為では、必ずコンドームを使用するのが感染予防の唯一の対策です

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 性行為感染症 アナルセックス コンドーム セイフティセック

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア