理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 有効な抗HIV薬を服用していればコンドームなしの性行為をしてもHIVに感染することはないのでしょうか?






カスタム検索

有効な抗HIV薬を服用していればコンドームなしの性行為をしてもHIVに感染することはないのでしょうか?

HIV感染者で医師の指示の基に正しく有効な抗HIV薬を服用していれば、コンドーム無しの性行為をしても相手に感染させることはないという報告が一部の研究者から報告されていますが、これは正しいのでしょうか?

このことに関して、他の研究者は、血液中のHIVの量が10コピー/mLであったとしても、10年間にわたってコンドームなしの性行為を継続すれば、HIV感染率の上昇が起こる危険性がある報告しています。

抗HIV薬の服用による治療により血液中のHIV RNA量が40コピー/mL未満を維持して、他の性行為感染症がない感染者の場合、コンドームの使用なしでもパートナーが感染するリスクは低いことを示すエビデンスが実際に存在します。

しかし、感染リスクが非常に低いとしても、ゼロではないことからして、感染のリスクは当然あります。

従ってコンドームを使用しないカップルが増えれば、HIV感染率は上昇することになります。


この件に関してウガンダRakaiで行われた研究では、一方のみがHIVに感染している異性間カップルを追跡し、コンドームなしの性行為による感染の頻度と感染者の血液中HIV量の関係を調べてみると、HIVの量が10倍になるごとに感染リスクは2.45倍になるとの結果が得られています。

従って血液中のHIVが検出限界以下の場合においても、男性から女性、女性から男性、男性間の感染のすべてに、この関係が当てはまると意見を述べています。

従って、HIV感染者で有効な抗HIV薬を服用して血液中のHIVの量がコントロールされている場合でも、コンドーム無しの性行為を行うことにより、相手にHIVを感染させる危険性が、完全に否定されないことから、コンドームの使用は絶対必要です。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 抗HIV薬 コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア