理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 喉への性行為感染症が増加!! ?3.咽頭へのヘルペス感染について?






カスタム検索

喉への性行為感染症が増加!! ?3.咽頭へのヘルペス感染について?

咽頭の性行為感染症の中でも多くみられます

感染すればヘルペス性口内炎が出来ます。

ヘルペスウイルスには、?型口唇ヘルペス)と?型性器ヘルペス)がありますが、性行為感染症としては?型ですが、最近の性の多様化により、以前のように1型は口や喉、2型は性器に感染するという区別をすることが出来なくなってきています、その結果、1型2型の関係なく性器・口・咽頭に感染します。

咽頭に初めてヘルペス感染が起これば、激しい歯肉口内炎や喉頭炎がおこり、とくに発赤、水泡、アフタ、びらんなどができます

症状としては、激しい咽頭痛、嚥下痛、発熱などです。

治療法としては、性器ヘルペスと同じですが、性器ヘルペスに比べて治りにくいです。

性器ヘルペスの病原体となるヘルペスウイルスは、性行為やオーラルセックスによって接触した性器部分の皮膚や粘膜から侵入しますが、このウイルスは、一旦体内に侵入すると、その後、性器周辺の神経を伝って腰部近くにある腰仙骨神経節に潜伏するといった性質をもっています。

現在、性器ヘルペス治療として処方される薬剤には、病原体であるヘルペスウイルスの増殖を抑え症状を軽減させる効果はあっても、神経節に潜伏しているウイルスに対しては効果がありません。

そのため、性器ヘルペスの治療を行っても、神経節に潜伏していたウイルスが免疫力の低下などをキッカケに、再び性器周辺部に戻ってきて増殖するため、何度も再発を繰り返してしまうというわけです。

この繰り返す再発に対し、毎日薬を飲んで、症状が現れる前にウイルスの増殖を抑えられるようにする再発抑制療法が、日本でも行えるようになりました。

再発抑制療法は、通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する方法がとられます。

性器ヘルペス感染者はHIV感染率も高くなる理由は、ヘルペスの潰瘍によって皮膚や粘膜が傷つけられ粘膜の生体防御バリアが破壊されることから、その破壊された箇所からHIVが体内に容易に侵入し感染しやすくなるためです。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 性器ヘルペス ?型 ?型 口唇ヘルペス HIV 性行為感染症

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア