理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 淋菌感染の恐怖






カスタム検索

淋菌感染の恐怖

ファッションマッサージ店で、フェラチオをされて淋菌に感染した事例を紹介します。

店ではコンドーム無しの性行為やクンニンリングス及びキスは一切行わず、フェラチオのみの行為で終わったことから、HIVや性行為感染症の感染はないと思っていたそうです。

行為から2?3日後のことです。

排尿の際、尿道から分泌物が出て、排尿時に尿道が焼け付くようにいたくなり、下着に膿のような物が着くようになりました。

店ではフェラチオをしてもらっただけなので、変な病気になるはずがないと考えて、念のために泌尿器科を受診しました。

診察の結果、医師は開口一発、淋菌に感染している、淋病です』と、

当人は、コンドーム無しの性行為をしないで、フェラチオだけだから、淋菌に感染するはずがないと、医師に言いましたが、その考えが甘かったわけです。

相手の女性の口の中に淋菌感染があり、フェラチオでペニスに淋菌が感染したというわけです。

このように、風俗店で女性の口から淋菌を感染させられる事例が増加しています。

また、今の淋菌は、10年以上前の淋菌と比べて、抗生物質に対する耐性(抗生物質が効きにくい)を持つ淋菌が多くなってきています。

例えば、ニューキノロン系は80%、ペニシリン系は100%、セフェム系は50%しか効き目がないような状態となってきています。

有効な薬剤としては、ロセフィン等数種類の注射剤しか、確実に有効な治療薬が無いような状態となってきています。

従って、今流行している淋菌に感染すると、なかなか治りにくいと言うことになります。


実際、オーラルセックスなどで、性器や口の中に淋菌が感染する事例が増加していることを念頭に置き、オーラルセックスだけであれば、淋菌などの性行為感染症には感染しないと高をくくっていると大変なことになります。


さらに性器に感染した淋菌が治りにくい以上に、喉に感染した淋菌は非常に治りにくいことも念頭に置いておくことです。


また、淋菌に感染したことが分からず、性器粘膜や喉の粘膜がタダレている状態で、コンドーム無しの性行為やオーラルセックスをするとHIV感染の感染確率が極端に高くなります。


淋菌感染症は非常に怖いことを念頭に置き、オーラルセックスでも簡単に感染することを十分理解しておいて下さい。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 淋菌 オーラルセックス HIV フェラチオ 淋病

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア