理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 症状から見た性行為感染症の判断?1.性器から分泌液が出て、違和感がある男性の場合?






カスタム検索

症状から見た性行為感染症の判断?1.性器から分泌液が出て、違和感がある男性の場合?

コンドーム無しの性行為をした後、性行為感染症に感染した場合、種々の症状が感染箇所に現れます。

今回から数回に分けて、症状からの性行為感染症の判断について解説します。

※紹介する症状はあくまでも代表的な症状ですから、全ての人に画一的には現れないことがあります。

性行為の後、これから紹介するような症状が出ても該当する性行為感染症に必ず感染しているとは限らないことを念頭に置き、症状が現れたときは、直ぐに受診して、適切な治療を受けて下さい。

性行為感染症に感染していて、知らずに放置しますと、性器粘膜などがタダレ、HIVに感染するリスクが非常に高くなったり、その他多くの臓器に悪影響を与えることになります。

性行為から1?3週間に以下のような症状が現れました。




尿道からの分泌物が出る。

軽い排尿痛がある。

尿道のかゆみや不快感 がある。

尿道からうみが出ることもありますが、さらさらしたものから粘りのあるものまで有り、量は少なめです。


クラミジアの感染が疑われます。

男性の場合は、半数上は何の症状も見られませんが、症状のある人でも、尿道から透明な膿が出て、尿道に違和感がある程度です。

尿道から出る分泌液は、膿が出ることもありますが、サラサラした分泌液あるいは粘りけのある分泌液が出てくることもありますが、量的には少ないです。

痛みを伴う場合も有りますがこれは非常に稀なことです。

以下を良くお読み下さい。
 ↓
『クラミジア感染症について』

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 性行為感染症 クラミジア HIV

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア