理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVはAIDSの原因ウイルスではないのか??!!?その1?






カスタム検索

HIVはAIDSの原因ウイルスではないのか??!!?その1?

HIVAIDSの原因ウイルスではないのか?と言う疑問が専門家の間で論議されることが良くあります。

今日と明日の2回に分けてこのことについてわかりやすく解説してみます。

ノーベル化学賞を1980年に受賞したウォルター・ギルバート、同じく1993年に受賞したキャリー・マリス、カリフォルニア大学バークレイ校のピーター・デューズバーグは、HIVAIDSの原因ウイルスではない」と主張しています。

AIDSの症状のひとつには、カポジ肉腫とよばれる悪性腫瘍や、約30の日和見感染症があります。

この疾患のどれかひとつでもその特有の症状が見られれば、その人はAIDSを発症しているかどうかの判断をする基準となっています。

HIV原因否定論者」の急先鋒であるデューズバーグは、AIDS発症を判断する約30の症状については、それぞれ別の原因があるることから、AIDSを起こす原因は、HIVではないと主張しています。


更にHIVの潜伏期間が数年と長いことからして、AIDSを引き起こすためになぜこれほどの長い間、体の中で休んでいるのかと、疑問を投げかけています。

デューズバーグは、AIDSのそれぞれの症状の“真”の原因は、HIVではなく、生活習慣がもたらす病気であると、提唱しています。

具体的には、麻薬などの薬物の使用件数が増えたことと、AIDS症例数が増えたこととに関係があると考えています。

さらには、「AZT(アジドチミジン)のような、抗HIV薬の処方が、米国および英国における、すべてのAIDS発症の原因である」とさえ言っています。


それでは、その他の世界の研究者達はどのように考えているのでしょうか?

明日に続く


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : HIV AIDS HIV原因否定論者 カポジ肉腫 日和見感染症 AZT

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア