理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV/AIDSの基礎知識?7.HIV検査について?その3.リアルタイムPCR検査?






カスタム検索

HIV/AIDSの基礎知識?7.HIV検査について?その3.リアルタイムPCR検査?

次に、HIV感染をもっと早く調べられる検査として、HIVの遺伝子の一部の核酸を調べるリアルタイムPCR検査があります。

リアルタイムPCR検査は、感染してから11日で血液中HIVの遺伝子を見つけることが可能です。

リアルタイムPCR検査は、科学的にHIVを1億倍に増幅して検査をすることから、11日という感染の早い時期に信頼できる結果が得られます。

ただしリアルタイムPCR検査は、HIV-1しか見つけることは出来ません。

また、11日以前にリアルタイムPCR検査を受けても、HIVの量が少ないことからいくら科学的に増幅しても、見つけることが出来ません、この時期を、HIVのウインドウ期と呼びます。

近いうちにHIV-2を見つけることが出来るリアルタイムPCR検査のバージョン2が、発売されるようですが、発売時期などの詳細はまだ解っていません。

このリアルタイムPCR検査を、NAT検査と多くの人が呼んでいますが、これは完全な間違いで、NAT検査は血液センター専用の検査法で病院や保健所では受けることは出来ません。

便宜上リアルタイムPCR検査NAT検査と一般的には呼んでいますが、リアルタイムPCR検査を受けるときは、正しく「リアルタイムPCR検査を受けたい」と言わないと、「うちでは受けられません」と医師から言われてしまいます。

リアルタイムPCR検査は、ほとんどが検査専門の会社に検査を依頼しますから、全国どこの病院や開業医でも受けることは出来ます。

また、リアルタイムPCR検査は、ひとりひとり検査をしますので、NAT検査のように血液をプールして検査をすることはありません。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV HIV-1 HIV-2 リアルタイムPCR検査 ウインドウ期 NAT検査

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    はじめまして

    以前大阪の医院でPCR検査を受けた時、危険日から9日目だったのですが、先生にはもう大丈夫と言われました。
    ブログ主様は11日以降と言っておられるし、他のサイトでも11日以降と書いているところが多いですね・・・。
    その先生はHIVの事はかなり勉強されているらしく、本も出されているので、適当に発言とはとても思えないのですが、不安になってきました。
    ブログ主様のどのように思われますか?

    Re: はじめまして

    血液の鉄人は、HIVのリアルタイムPCR検査は、不安な行為から11日以降で信頼できる結果が得られると考えています。
    9日目では早すぎる思いますが。

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア