理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV-2について?3.HIV-1とHIV-2の感染したときの違いはあるのか??






カスタム検索

HIV-2について?3.HIV-1とHIV-2の感染したときの違いはあるのか??

HIV-2に感染した時の初期症状は、HIV-1感染と同じで、HIV-2抗体が出来る時期も同じです。

AC期(無症候性キャリア期)の期間の長さは症例により色々ありますが、その期間は、6カ月から10数年程度と考えられていますが、これ以上さらに長い例があるとも考えられています。

HIVに感染してからの自然経過は、AC期の少なくとも10%が3年以内に、20?30%が5年以内に、50%が10年以内にAIDSを発症するといわれています。

最終的にはAC期の大部分がAIDSを発症すると考えられていますが、正確な数字は把握されていないのが現状です。

違いとしては、初期症状がなくなってから起こる、その後のAC期の時期がHIV-1に比べて非常に長く進行が遅いことが特徴です。

その理由としては、細胞および血液中のHIV-2の量が少ないこともひとつの原因と考えられていますが、確定的な理由は分かっていません。

日本や欧米先進国では、HIV-2の感染者が非常に少ないことから、感染してからAIDSを発病する時期や治療法に関しての十分なデータがないのが実情です。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    tag : HIV-1 HIV-2 AC期 無症候性キャリア期 AIDS 初期症状 HIV抗体

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア