理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染の可能性の話について






カスタム検索

HIV感染の可能性の話について

HIVは感染力の非常に低いウイルスであるかそう簡単には感染しないから大丈夫』、

『可能性は1%くらいだから感染しない』と、囁かれていることを良く耳にします。

果たしてそうなのでしょうか?

確かにHIVそのものは、感染力は非常に弱く、生命力も弱く、感染率も低いです。

にもかかわらず、何故感染者が世界的に多いのでしょうか?
B型肝炎ウイルスやクラミジアや淋菌に比べれば感染力は比べ物にならないくらいに低いのは確かですが、これらが低いということだけで、感染しないと言う事では決してありません。

感染確率が1%であれば、HIV感染者とコンドーム無しの性行為を100回して、感染するのではありません。

たった1回のコンドーム無しの性行為で感染してしまった事例も多く報告されています。

感染確率は、あくまでも疫学的統計から導かれた数字でしかありません。

感染力が弱い、生命力が弱いは、単にウイルスの性質を表現しているだけです。

感染力が弱く、感染確率が低いだけで、全く感染しないのではありません。

疫学的な数値に惑わされてはいけません。

本当に感染しにくいのであれば、このように世界的にHIV感染者が蔓延することはありません。

どのような感染症でも、ただ行く予防対策を取らなければ、感染予防は出来ません。

HIVに関しても、正しく予防することによって、感染は予防可能です。

大切なことは、感染力が弱いと侮って、感染対策を怠ると感染してしまいます。

感染するような不安な行為をしない、相手の性遍歴が分からないときの性行為肛門性交の際には、必ずコンドームを正しく使用することが大切です。

感染するような行為をしない、正しくコンドームを使用していれば、このように全世界でのHIV感染者の蔓延はなかったはずです。

感染力が弱く、感染率がいくら低くても、感染予防対策は絶対に必要なことを、肝に銘じて行動することです。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV コンドーム 性行為 肛門性交

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア