理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV-1感染とHIV-2感染の違いとは






カスタム検索

HIV-1感染とHIV-2感染の違いとは

今日は、HIV-1感染とHIV-2感染の違いについて解説します。

HIV-2に感染して起きる初期症状は、HIV-1感染と同じです。

HIV-2感染がHIV-1感染と異なるのは、感染後の後のAC期が、HIV-1感染に比べて非常に長く進行が遅いことが特徴です。


その理由としては、体の中の細胞及び血液中のHIV-2の量が少ないからと考えられています。

なお、HIV-2感染症の治療は、基本的にHIV-1と同様です。

ただ、HIV-1逆転写酵素(RT)に特徴的な構造である疎水性ポケットがHIV-2逆転写酵素(RT)には存在しないことから、非核酸系逆転写酵素阻害剤に対して自然耐性をもっていることが多いようです。

従って、HIV-2に対するHAART(highly active anti-retroviral treatment、多剤併用療法)においては、非核酸系逆転写酵素阻害剤を避けた薬剤の組合せを用いることが推奨されています。

また、HIV-2はHIV-1に比べ母子感染率が低いと言う調査データがアフリカでの調査から得られています

HIV-1母子感染率は24.7%、HIV-2は1.2%で、HIV-1HIV-2の双方に感染した妊婦の子供の19%(11人)が感染していましたが、10人がHIV-1に感染したのに対し、HIV-2に感染した子供は1人でした。

この地域の母子センタ?を受診した妊婦の9.4%がHIV-1に、1.6%がHIV-2に感染しており、両方に感染した妊婦は1.0%でした。

このことからして、、HIV-2母子感染率がHIV-1に比べて非常に低いこと、HIV-2の拡大地域とされたアフリカ西海岸にHIV-1が急速に浸透していることを物語っています。

HIV-2の母子感染率が低いことは、HIV-2感染者の発症率が低いことや、発症までの時間の長いこと、発症しても緩慢な経過をとることからうなずけます。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ

  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV-1 HIV-2 HAART 母子感染 逆転写酵素

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア