理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 肛門性交は何故危険なのか?
FC2ブログ






カスタム検索

肛門性交は何故危険なのか?

今日は、肛門性交が何故危険な行為かを解説してみます。

肛門は排泄を行うための器官で、性交に適した器官ではありません。

そのため、ペニスの挿入によって裂傷や擦過傷とそれによる出血、裂肛(切れ痔)、直腸脱、炎症性腸疾患までを引き起こす危険性があることと、挿入側にも様々な性行為感染症、腸内の大腸菌等の細菌による尿道炎等の尿路感染症を引き起こす危険性もあります。

肛門性交が好まれる理由としては、女性の肛門内に射精しても妊娠する危険性がないことと、肛門括約筋がペニスを締め付けることから、膣性交以上に挿入側の快感が得られることからです。

肛門性交における性行為感染症は、基本的に膣性交における性行為感染症と同じですが、、診察をした医師に肛門性交の有無をはっきり伝えないと、しばしば診断の遅れや誤診に繋がる危険性があります。

適切な治療を受けるためには、肛門性交の有無を医師に確実に伝える必要があります。


膣壁は重層扁平上皮で酸性に維持されていますが、直腸粘膜は、感染防御という点では弱く、肛門性交を行う場合は、種々の性行為感染症に感染するリスクファクターは当然高くなります。

肛門・直腸からは、膣のように性行為がスムーズに行えるような膣分泌液が分泌されません、肛門・直腸からは腸液と呼ばれる消化液が分泌されますが、この分泌は性的興奮から来るものではなく、身体に異物が入ったための生理的反応です。

肛門・直腸にペニスを挿入することで、本来性行為を行う場所でないこれらは、ペニスの挿入および行為そのもので、粘膜は簡単に傷つき出血します。

受け側がHIV性行為感染症であれば、ペニスの尿道口や傷ついた箇所に血液が付着して簡単にHIV性行為感染症に感染してしまいます。

また、挿入側がHIV性行為感染症に感染していれば、直腸内に射精された精液中のHIV性行為感染症の病原体が、傷ついた粘膜から侵入して簡単に感染してしまいます。

更に直腸内に射精された精液は、排泄されることなく(膣内に射精された精液は、立ち上がることから自然に流れ出ることから長く膣内にとどまることはありません)長くとどまることから、感染リスクは一段と高くなります。

事実、男性同性愛者のHIV感染者が多い傾向があることがこれを証明しています。

従って肛門性交は、膣性交に比べてHIV性行為感染症の感染リスクは非常に高くなります。

本来性行為をする器官でない場所を使用しての性行為は、すべきではありませんが、どうしても行うときは、必ずコンドームを使用して、感染予防をする必要があります。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 肛門性交 アナルセックス HIV 性行為感染症 コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア