理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染の基礎知識?8.AIDS発症について?
FC2ブログ






カスタム検索

HIV感染の基礎知識?8.AIDS発症について?

HIVに感染すると、HIV抗体が血液中に作られることから、このHIV抗体HIV抗体検査で検出することは、皆さんはよく知っておられることです。

HIV抗体検査が陽性となれば、再度日にちをおいて採血して、再びHIV抗体検査を実施して、陽性と確認することと、確認試験を実施し、陽性と確認されて、初めてHIVに感染していると診断されます。

HIV感染初期の症状は、出る人と出ない人があることから、症状からの感染判断は出来ません。

HIVに感染して数年から10年をかけて、免疫機能を司るリンパ球を破壊することから、体の免疫機能が徐々に低下して、免疫機能が十分あるときには、体に悪さをしない細菌・真菌・ウイルス・原虫などが引き起こす感染症(日和見感染症)に感染するようになります。

これがAIDS発症です。

以下に示す23の日和見感染症のいずれかを発症した場合にAIDS発症と判断されます。

カンジダ症
クリプトコッカス症
ニューモシスチス肺炎(PC肺炎=旧カリニ肺炎)
コクシジオイデス症
ヒストプラズマ症
クリプトスポリジウム症
トキソプラズマ脳症
イソスポラ症
サルモネラ菌血症
サイトメガロウイルス感染症
化膿性細菌感染症
帯状疱疹/単純ヘルペスウイルスなどヘルペスウイルス感染症
活動性結核 (active tuberculosis)
非定型抗酸菌症
反復性肺炎
リンパ性間質性肺炎・肺リンパ過形成
カポジ肉腫
原発性脳リンパ腫
非ホジキンリンパ腫
浸潤性子宮頸癌
進行性多巣性白質脳症
HIV脳症
HIV消耗性症候群

HIVの治療に関しては、これら日和見感染症を発症してから治療を始めても、その治療効果が悪く、死亡する確率が非常に高くなります。

そのことからして、HIV感染を可能な限り早く知り、治療を開始することにより、HIVの増殖を抑えて、体の免疫機能を保ち、AIDSの発症を抑えることが出来ます。


わが国のHIV感染者の多くは、感染初期にHIV検査を受けず、日和見感染症の症状が現れてから医療機関等でHIV検査を受けて感染を知る例が非常に多いことから、十分な治療効果が得られていないのが実情です。

HIVに感染するような不安な行為をしてしまった場合は、HIV検査を受けられる時期が来れば可能な限り早くHIV検査を受けることが大切です。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV HIV抗体 日和見感染症 HIV検査 AIDS

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    帯状疱疹は指標疾患ではないのでは?

    Re: AIDS発症の指標疾患について

    帯状疱疹は指標疾患の一つです。
    ブログ記事には、『帯状疱疹/単純ヘルペスウイルスなどヘルペスウイルス』と記載しています。

    学生ですが、CMVやHHV-8などのヘルペスウイルスが原因となる指標疾患はありますが、VZVによる帯状疱疹はHIV感染に関して注意すべきものであるが指標疾患ではないと習ったのですが。

    Re: AIDS発症の指標疾患について

    VZVによる帯状疱疹はHIV感染症は指標疾患に含まれます。

    No title

    調べなおしてみましたところ、やはり帯状疱疹はAIDSの指標疾患ではないと思われます。
    いずれにしろ帯状疱疹はHIVとの関連が深い重要な疾患だと思いますが、23の指標疾患が定められている以上は、正しい内容を伝える必要があると考えます。鉄人さんも今一度調べなおしていただきたいです。一応インターネット上のソースを一つ載せておきます。http://www.weblio.jp/content/%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%96%B1%E7%96%B9

    Re: AIDS発症の指標疾患について

    帯状疱疹はAIDSの指標疾患のひとつに入っています。
    以下のサイトを参照して見て下さい。

    http://api-net.jfap.or.jp/mhw/document/doc_03_01_04.htm

    No title

    たびたびすいません。

    サイト見させていただきましたが、帯状疱疹は病期分類の際の指標であってAIDSの指標疾患には含まれていないように思われましたが。

    どのような文献でも単純ヘルペスは含まれているが、帯状疱疹は含まれていないとされています。

    そもそも、鉄人さんの仰るAIDSの指標疾患とは、
    「HIV感染が認められるうえでその疾患が認められればAIDSを発症したとするような疾患等」という認識でよろしいですか?

    Re: AIDS発症の指標疾患について

    色々とご指摘ありがとう御座います。

    今回の件に関しては、「HIV感染が認められるうえでその疾患が認められればAIDSを発症したとするような疾患等」と認識して頂ければ結構です。

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア