理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染の基礎知識?6.HIV感染による初期症状?






カスタム検索

HIV感染の基礎知識?6.HIV感染による初期症状?

HIVに感染すると約半数例に2?8週の潜伏期の後に急性単核球増多症様、あるいはインフルエンザ様と表現される急性期症状を起こしますが、全く症状が出ない人もあり、また症状が出ても気づかない人もあります。

初期症状は一般的に、数日から2週間前後続き、症状が治まれば、以後症状は出てきません。


主な初期症状としては、以下のようなものがあります。

1.38.5℃以上の発熱・・・・(96%)
2.首や腋の下及び股のリンパ節の腫れ(左右対称に腫れる)・・・・(74%)
3.咽頭炎(のどの痛み)・・・・(70%)
4.痛みや痒みのない5?10mmの大きさのバラ色の発疹が顔、 手のひらや足の裏など全身に・・・・(70%)
5.筋肉痛と関節痛・・・・(54%)
6.下痢・・・・(32%)
7.頭痛、嘔吐、吐き気・・・・(30%)
8.口の中のカンジダ・・・・(12%)
9.検査の異常 血小板の減少・・・・(45%) リンパ球の減少と肝臓機能検査の異常・・・・(21%)
10.頭痛
11.意識がもうろうとする

これらの症状が出ても、症状からHIV感染を判断することは出来ません。

HIV感染の判断は、それぞれのHIV検査に適した時期に受けないと分かりません。

良く、不安な行為をして、数日経って色々な症状が出て、感染不安に陥ることがありますが、症状を幾ら心配しても、感染不安が増強されて、精神的ストレスに陥り、益々体調が悪くなりますから、症状のことは考えずに、HIV検査を受ける適切な時期が来れば、検査を受けることです。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 初期症状 HIV感染 HIV検査

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア