理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 性風俗で性行為感染症がひろがる原因とは何?






カスタム検索

性風俗で性行為感染症がひろがる原因とは何?

性行為感染症コンドーム無しの性行為や肛門性交しないと感染しない」、「風俗嬢は定期的に検査をしているからから安心」といった誤った認識を持っている人が多くいることは事実です。

あまりにも誤った認識を持つ人たちが多く、オーラルセックスや性交渉をサービスするファッションマッサージやピンクサロンで淋菌やクラミジアといった性行為感染症を感染させられる場合が多く、感染させられた人は「運が悪い」と思うかもしれませんが、運が悪いと言うのことではなく、感染して当然なのです。

1993年吉原のソープランドでAIDSの女性感染者が出た際、風俗業界全体が震え上がり、マスコミの報道も凄かったことを皆さんは覚えていますか?

そして、風俗店へ行く客は激減しましたが、これも時間が経つにつれマスコミが騒がなくなった時期と同じくして、人々の記憶からも消えてしまい、AIDSに対する感染や警戒感は無くなり、風俗店へ行く客は元に戻りました。

風俗に行く人の多くは、『風俗嬢は定期的にHIV性行為感染症の検査を受けているから大丈夫!!』と言いますが、果たして、風俗嬢は検査をしているから大丈夫なのでしょうか?
とんでもない誤った認識で、大丈夫な事は絶対にありません!!!!

巷の噂では、数ヶ月に1度はHIV感染者が出るという話もあり、AIDSに限らずその他多くの性行為感染症は、表面化していないだけでいくらでもあるようです。

通常風俗で感染すると、風俗店側としては店の利益の事もあり、出来るだけうわさが広まらないようもみ消すでしょうし、感染したお客も恥ずかしいので、女遊びをするごく身近な人に話す程度であまり話を広めません、その為感染の事は、表だって出てくることはほとんどありません。

しかし、水面下で蔓延しているのは間違いことです。

特に最近では、生本番をウリにしている店や、ソープランドでもコンドームなしのサービスが始まっていたりするようで、このことがHIVを含めた性行為感染症の蔓延に拍車をかけていることは事実です。

また、店によっては月に1度は検査をしなければならないとされているのは、ソープランドと一部ヘルス店のみで、実際どの程度の間隔で検査を行っているのか自体も不明ですし、多くの無許可店では検査などほとんど実施していないのが現実かもしれません。

風俗嬢は定期的に検査をしているからHIV性行為感染症には感染しない、大丈夫」とは一体どこの誰が言ったのでしょうか??????

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 性行為感染症 風俗店 風俗嬢 HIV AIDS オーラルセックス 性行為 コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア