理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- トリコモナス症とエイズ感染の関連性






カスタム検索

トリコモナス症とエイズ感染の関連性

今日は性行為感染症のひとつであるトリコモナス症とHIV感染の関連性について解説してみます。

トリコモナス症(膣トリコモナス)とは、肉眼で見分けることができない原虫が性器内に入り込み炎症をおこします。

コンドーム無しの性行為をした1-数週間後に、発症します。

男性の場合は、ほとんど症状がありませんが、まれに尿道炎を起こすことがあります。

女性の場合は、 乳白色や淡黄色で泡状、膿汁状の臭いのあるおりものがあります。

治療せずに放置しておくと炎症が卵管におよび、不妊症や早産、流産を起こす原因となります。

女性の性行為感染症患者の1.8%が膣トリコモナス症といわれています。


現在、若年層での感染者が増加しており、ピンポン感染(カップルの間で、お互いにうつし、うつされをくり返す)に注意が必要です。

その為に、治療するときはお互いが一緒に治療して、お互いを治さないと、片方のみが治癒しても、感染のある方から再び感染してしまいます。

トリコモナス症の影響で、粘膜や外性器、子宮内膜などに病変がある場合には無い場合と比較して、HIVに数十倍から数百倍感染しやすくなります。

その理由としては、トリコモナスが性器粘膜に感染することにより、性器粘膜の持つ感染バリヤーが破壊されるからです。


トリコモナスコンドームを正しく使用することで感染予防が可能です。

記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV トリコモナス コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア