理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV/AIDSに関するQ&A?3?






カスタム検索

HIV/AIDSに関するQ&A?3?

Q 3:喘息の持病があって気管支拡張剤ステロイド剤を使っています。

コンドーム無しの性行為をした3ヶ月後の即日抗体検査で陰性でしたが、身体がだるかったり、時折関節が痛むなど体調が思わしくなく、陰性の結果を信じてよいのか不安です。

再度時期をみて即日抗体検査NAT検査を受けるべきでしょうか?

A:気管支拡張剤が、即日抗体検査などのHIV抗体検査に影響するということありません。

免疫抑制作用のあるステロイド剤ですが、量的に少ないステロイド剤が、体内に入る程度ですから、即日抗体検査などのHIV抗体検査に影響するということありません。

入院して多量のステロイド剤を使用しているような状態であれば、HIV抗体が体の中に出来るのを抑制することから、HIV抗体検査が陰性になる可能性は高いですが、入院しないで少量のステロイド剤を使用している場合は、HIV抗体が出来るのを抑制することはありません。

3ヶ月目の即日抗体検査が陰性であれば、HIV-1/2の感染はないと判断できます。

また、再度即日抗体検査NAT検査を受ける必要はまったくありません。

HIV-1/2の感染はありませんので、感染は無かったと割り切り、感染のことを忘れて生活すれば、体調は元に戻ります。

検査が陰性ですから、コンドーム無しの性行為の後の3ケ月後の即日抗体検査が陰性ですから、今の体調不良は、感染によるものではなく、感染不安から来る精神的ストレスによる身体の過敏現象と考えるべきです。


記事を読まれてお役にたった場合は、お手数ですがクリックしてランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ

  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV-1/2 即日抗体検査 NAT検査 コンドーム 気管支拡張剤 ステロイド剤 HIV抗体検査

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア