理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVに感染しているにもかかわらずHIV抗体が見つからない場合とは?






カスタム検索

HIVに感染しているにもかかわらずHIV抗体が見つからない場合とは?

HIVに感染した場合、一般的には身体の中にHIV抗体が出来ます。

ただし、一定のHIV抗体の量がないと、HIV抗体検査は陰性となってしまいます、これを偽陰性反応と呼びます。

実際HIVに感染しているにもかかわらず、HIV抗体検査が陰性とる原因は以下の通りです。

1.検査で見つかる十分なHIV抗体が血液中にない場合、即ち抗体の出来るまでのウインドウ期がこれに当たります。

従って、HIVに感染した場合、12週が経過すれば、HIV抗体検査で見つかるHIV抗体は血液の中に出来ていますから、必ず陽性となります。

2.免疫機能不全で免疫機能が極度に低下している人は、HIVに感染しても、検査で見つかる量のHIVが出来ないことから、12週でHIV抗体検査を受けても陰性となります。

このようなことは、通常の日常生活が出来ず入院している人がほとんどですから、通常の日常生活を送っている人には当てはまりません。

3.免疫抑制剤を投与されている人は、HIV抗体で出来にくく、12週でもHIV抗体検査を実施してても陰性となってしまいますが、このように免疫抑制剤を投与されている人は、医師の管理の下に免疫抑制剤を使用していますから、日常生活を普通に送っている人には当てはまりません。

4.ステロイド剤を大量に使用している人も、HIV抗体が出来にくいことから、12週でのHIV抗体検査でも見つからないことがありますが、一般的にステロイド剤を含む塗り薬・喘息の薬など入院しないで使用する薬では、HIV抗体が出来にくくなることはありません。
入院して多量にステロイド剤を使用している人がHIV抗体が出来にくいと言うことです。


5.AIDSを発病して高度に免疫機能が低下している場合も、HIV抗体検査が陰性となることがありますが、これは、高度に免疫機能が低下することから、HIV抗体が充分身体の中で作られないからです。

2?5の場合は、HIV抗体が充分身体の中にないことから、HIV抗体検査が陰性となってしまいますので、HIV抗体は感染の判断としては利用できませんので、HIVの遺伝子の核酸を見つける検査、即ちリアルタイムPCR検査を実施することになります。

当記事を読まれて、お役になった場合はお手数ですがクリックして投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV HIV抗体検査 偽陰性反応 ウインドウ期 リアルタイムPCR 免疫抑制剤 ステロイド剤 免疫機能不全

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    初めまして<(_ _)>
    ブログランキング応援して
    いきま~す!

    Re: ご声援ありがとう御座います。

    今後とも皆様のお役に立てる情報を提供していきますので、応援お願いします。

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア