理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 今のHIV検査体制は十分機能しているのでしょうか?!!






カスタム検索

今のHIV検査体制は十分機能しているのでしょうか?!!

HIVに感染するような行為を誤ってしてしまった場合、保健所で無料のHIV検査を受けたり、医療機関でHIV検査を受けることがありますが、検査を受ける際に充分満足して検査を受けることが出来たでしょうか?

HIV検査を受けた人の多くが以下のような苦情を申し立てています。

1.保健所の場合

・受ける日時が限定されていて自分の受けたいときに受けられない。

・対応が役所的で、検査を受ける人の身になって対応してくれない。

・受けた検査の説明が不十分である(どのような検査を受けたかの的確な回答がなされない)。

・受ける検査が限定されて、受けたい検査が受けられない。
例 第四世代の抗原抗体検査やリアルタイムPCR検査が受けられない。

・検査結果の説明が要領を得ない。

・採血の際の扱いが不親切である。

2.医療機関

・保険適応となるはずが自費扱いとなった。

・対応した医師の態度が悪い。
例 こんな検査を受けに来なくてもいいのにとの態度を取られる。

・検査の説明が要領を得ない。

・リアルタイムPCR検査を受けたいというと、「ここではしていないので駄目」とけんもほろろに言われる。

・採血の際の看護婦の態度が悪い。
例 何でこんな検査を受けに来るのと見下した態度を取る。
  採血の際の不手際が多い。

・検査結果の解釈がバラバラでどれを信用すればよいのか解らない。

以上のような不満や苦情が多く寄せられていることは事実です。
検査を受けられた方の中で思い当たる節があるはずです。

反面、懇切丁寧に対応して、理解できるまで親身になって相談を受けている医師・看護師等の医療官権者がおられることも事実です。

幾ら良い対応をする関係者がおられても、一人でも検査者をぞんざいに扱う医療関係者がいれば、その評価は悪い評価となって、苦情・不満が満ちあふれてしまうことは事実です。

感染が心配でも検査を受けに来ているわけですから、不安を解消できるよう、丁寧に対応する必要があります。

検査をしてやっている。

相談を受けてやっている。

感染するような行為をするのが悪い。

お役所的な対応を改めて、検査を受ける人の身になって、検査を受けられる体制作りが必要と考えますが、皆様方はどう思われますか?

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : HIV検査 HIV リアルタイムPCR 第四世代の抗原抗体検査

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア