理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 今年も世界エイズデーがやってきます!!






カスタム検索

今年も世界エイズデーがやってきます!!

今年も恒例の世界エイズデーがやってきます。

WHO(世界保健機関)は、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しました。

日本も、その趣旨に賛同し、毎年12月1日を中心にエイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進しており、全国各地で様々な「世界エイズデー」イベントが実施されている。

2001年の世界エイズデーのテーマは、『Living Together ?いま、何をすれば良いのか聴かせて??』です。

このテーマに沿って、全世界の国々が、エイズ撲滅に向けた多彩なイベントを催します。

日本も、様々なセクシャリティ(性行動の対象の選択や性に関連する行動・傾向)の人々や、HIV陽性の人々、陰性の人々が一緒に生きている現実をありのままに受け止め、エイズのまん延防止や差別・偏見の解消のために、ひとりひとりに何ができるかを国民全体で考えていく主旨で行われます。

厚生労働省・各自治体・NPO法人・マスコミがこぞって、12月1日を中心とした前後の日に記念事業を行うほか、年間を通じた普及啓発のためのキャンペーンを実施する予定です。

その内容の一部を紹介します。

1.関係機関及び関係団体等との連携を密にし、それぞれの地域の実情に応じた広報計画、実施計画に基づき、エイズに関する正しい知識の啓発活動を展開する。

2.新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、映画等の協力を得た広報活動の実施。

3.ポスター、パンフレット、リーフレット、ビデオ等の作成・配布等による啓発活動の実施。

4.研修会、講習会、講演会、シンポジウム、街頭キャンペーン等の実施。

5.学校、企業、地区組織等に対する呼びかけ及び協力。

6.一般住民のみならず、相談窓口職員、医療従事者、教育関係者等への啓発。

エイズは、HIV感染後も長い無症状期を社会の一員として生活を営む病気であり、周囲の人々の理解と支援が必要であることから、患者・感染者が尊厳をもって暮らせる社会づくりが必要です。

HIVの感染力は弱く、しかも感染経路が限られているので、日常生活ではHIVに感染することはないことを全ての人が理解する必要があります。

特に医療現場における患者・感染者の受け入れを改善していくために、エイズに対する社会全体の意識の向上と、エイズ診療に取り組む医療関係者への支援を訴え、患者・感染者が安心して医療を受けられる環境づくりを進めることが最優先の課題です。


HIV治療の進歩に伴い、患者・感染者が長期間障害を持ちながらも療養できるようになったことから、平成10年4月から感染者は身体障害者の認定を受けられるようになっり、身近な医療機関で適切な治療を受けられる体制がほぼ整いつつあるりますが、まだまだ秋分とは言えません。

早期発見による適切な治療の効果がますます高まっていること、検査は医療機関や最寄りの保健所等で受けることができること等の周知を図り、自発的に検査を受けやすい環境の整備に国や地方自治体が積極的に努めることは重要なことですが、これもまだまだ不十分です。

なお、厚生労働省においては、検査・相談の利用に係る情報につき、各種イベント等集客が多い機会を利用し、積極的に国民への周知を図るが、都道府県、保健所を設置する市及び特別区においても、地域の実情に応じて、積極的に情報の周知に努めていますが、イベントとの時だけでなく、ながくじみちに続けていく必要があります。。

世界エイズデーのイベントの時のみに、このような活動をするだけでなく、長い期間をかけて、HIVに対する正しい知識を習得できるよう活動を続けて、世界エイズデーにあわせて、年間の反省をして、今後の啓蒙活動や検査体制の拡充に努める必要があると考えます。

皆様方はどうお考えですか??

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV 世界エイズデー エイズ

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    12月1日

    12月1日が世界エイズデーということは、次第に広まってきたように感じます。
    シンボルの「レッドリボン」もよく目にするようになりました。

    しかし、血液の鉄人先生がお考えのように
    この12月1日を前後を活動のピークにするのではなく
    継続的に行わないと、活動・取り組みが浸透しないで
    今の現状を打破することはできないのではと思います。

    自分は、どのような取り組みができるのか
    12月1日に向かって、考えてゆきたいと思います。

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア