理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- ペットの猫や犬からのHIV感染はあるのか?






カスタム検索

ペットの猫や犬からのHIV感染はあるのか?

ペットの猫や犬からのHIV感染について質問をよく受けますので、今日はこのことについて解説してみます。

まず、猫や犬にエイズがあるのかと言うことから解説していきます。

1.猫

猫には、FIV(feline immunodeficiency virus = ネコ免疫不全ウイルス)と呼ばれる『猫後天性免疫不全症候群』を引き起こすウイルスがあります。

これは、俗にネコエイズと呼ばれる猫にエイズを引き起こすウイルスですが、このFIVは人には感染しません。

FIVは、猫から猫に感染しますが、種の異なる犬や人には感染することは一切ありません。

2.犬

犬には犬のエイズを引き起こすウイルスはいません。

それでは、猫や犬がHIV感染者の血液や体液を舐めて、その後他の人を舐めた場合、舐められた人にHIVの感染は起こるのでしょうか?

猫や犬がHIV感染者の血液や体液を舐めても、犬や猫の身体の中ではHIVは生存することが出来ませんので、猫や犬がHIVに感染することはありません。

また、HIV感染者の血液や体液を舐めた後に、他の人を舐めても、舐められた人はHIVに感染することはありません。

このことは、世界各国の研究者にて確認されています。

以上のことから、ペットの猫や犬からHIVが感染することはありません。

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV FIV ペットの猫や犬からのHIV感染

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア