理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 性行為感染症としてのHIV感染は撲滅できるのか?






カスタム検索

性行為感染症としてのHIV感染は撲滅できるのか?

昔から性に関係する感染症は、何一つ撲滅されてはいません。

例えば、梅毒を例にとって説明しますと、

ペニシリンなどの抗生物質や強力な抗菌剤が開発された現在でも、梅毒は撲滅されることなく、流行しています。

淋菌やクラミジアなども同様です。

幾ら強力な抗生物質や抗菌剤が開発されても、性行為感染症は、感染した人を治療するだけですから、一人でも感染者が存在して、その人と性行為をすれば、新たに感染者は発生します、その感染者から次々と感染者が発生することとなり、幾ら感染者を治療しても、感染症自体は根絶することは出来ません。

感染症を根絶するには、強力な治療薬と予防ワクチンが必要です。

予防ワクチンによって、新たな感染者を無くしながら、既に存在する感染者を治療薬で治療していく、2つの手段を取ってこそ、撲滅は可能となります。

しかし、よく考えてみて下さい。

仮にHIV予防ワクチンが開発されても、ワクチンを接種して感染予防が可能と考えて、感染するような危険な行為をし続ける人がいる限り、HIV感染は撲滅できません。感染予防ワクチンが100%感染防御できるとは限りません。

一人でも感染者が出れば、その感染者からねずみ算式に感染者は増加していきます。

特に人の本能の一つである性欲に関係する感染症の根絶は至難の業でする。

性行為でHIVに感染するからと言って、全ての人が性行為を止めることはありません。

また、感染すると解っていても、性という本能から逃れられず、危険な行為をする人もいることも確かです。

昔から、性に関係する感染症の撲滅で不可能と考えられています。

HIV感染予防は、不特定多数の人との性行為を止めて、特定の人とセイフティセックスに心がけることと、相手の性遍歴の解らない人と、性行為をするようなときは、コンドームを正しく使用して予防するしか対策はありません。

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV HIV感染撲滅

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア