理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVに感染している医療スタッフからのHIV感染はあるのか?






カスタム検索

HIVに感染している医療スタッフからのHIV感染はあるのか?

病院や歯科医院で治療を受けたときに、医師や看護師などの医療スタッフの中に、HIV感染者がいて、治療の過程で感染させられないのか、不安に思う人がいることは事実です。

HIVに感染していない患者に対して、消毒滅菌した器具を使い、感染防止策を採って、正しい手法を遵守しているHIV感染医療スタッフからHIVが伝播する危険性はまず無いと考えられています。

現実わが国に置いては、今まで医療スタッフ(HIVに感染しているか否かは不明)からのHIV感染は起こっていません。

米国で、1991年にある歯科医師から少なくとも6人の患者に感染した例が報告されています。

この事件は、キンバリー事件として非常に有名です。

その為、他のHIV感染医師が治療したした患者を広範囲に調査したところ,他には感染した症例は発見されなかったことから、この歯科医師が治療した患者に故意に感染させたと推測されています。

なにぶんこの歯科医師がAIDSを発症して死亡していることから、これ以上のこと調査できていません。

わが国に置いて、医療スタッフの中にどれくらいのHIV感染者が存在するかは解っていません。

プライバシー保護の観点から、強制的に医療スタッフのHIV検査は、実施していませんので、それぞれの医療機関で働く医療スタッフのHIV感染状況は把握できていないのが現実です。

仮に医療スタッフの中にHIV感染者がいても、本人が申告しない限り解りませんし、仮に感染者であることが解っても、医療現場から強制的に除外することは出来ません。

従いまして、どのような医療状況でHIVに感染している医療スタッフを医療現場から除外するかについては、いまだ明確なマニュアルは出来ていません。

日本の医療現場で、HIVに感染した医療スタッフが治療等に従事していも、感染対策を充分行っていることから、患者に感染はないと考えられています。

日本の医療機関にかかって、治療を受けても医療スタッフからの感染を恐れることはありません。

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン

ランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ





  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV感染 医療スタッフからのHIV感染 キンバリー事件

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア