理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- イラマチオからHIVの感染はあるのか?






カスタム検索

イラマチオからHIVの感染はあるのか?

イラマチオとは、男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中にペニスを入れて、相手の頭部を手で持って前後に動かさせ、ペニスを相手の口に出し入れすることにより、男性が自身の性的快楽を得られるようにする行為のことを言います。

ペニスを口に含む側は、ペニスを歯でできるだけ傷つけないように顎と舌を動かすことを男性から期待されるが、実際にはそのようなことを行なうのは困難であることから、ペニスに傷が付くことが多くなります。

イラマチオとフェラチオの違いは、フェラチオではペニスを口に含む側が主導的に行為を進めるのに対し、イラマチオでは男性が主導的に相手の口の中に自身のペニスを入れる点です。

イラマチオを好む男性の中には、イラマチオを前戯として行うのではなく、イラマチオ自体をセックスの目的と考える傾向が強く、そのため、ペニスを相手の口の中に挿入したまま口内射精をすることにより、行為を終結させる事が多くなる傾向にあります。

それでは、イラマチオからのHIV感染はあるのでしょうか?
この行為では、どうしてもペニスに歯で傷が付きやすくなりますが、相手がHIV感染者であっても、唾液の中には、感染するほどのHIVが存在しないことから、HIVの感染は起こりません。

しかし、相手の口の中にある程度の出血があれば、歯で傷ついたペニスの傷口に血液がすり込まれる状態となることから、HIV感染のリスクは低いながらあります。

また、口の中に射精をする事が多くなることから、射精した人がHIV感染者であれば、相手の口の中の粘膜に多くの傷があれば、当然HIV感染のリスクはあります。

精液が胃の中に入れば胃酸でHIVは死滅しますが、胃の中にはいるまでに、口の中の粘膜から感染する可能性も当然あります。

現実的には、イラマチオ単独の行為からHIVに感染したという正式な報告はありませんが、医学的に感染のリスクがある行為は慎むべきでしょう。

どうしてもイラマチオを行うときは、万が一の感染に備えてコンドームを使用して感染予防をすることです。


投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン

ランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV HIV感染 イラマチオ コンドーム

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア