理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染経路についてのおさらい






カスタム検索

HIV感染経路についてのおさらい

今日は、HIV感染経路についてのおさらいをしてみます。

良くお読みになってHIV感染経路についての再確認をして、正しく感染予防をしてください。

HIVは、感染力が非常に弱く、尚かつ体の外に一度出れば、すぐに死滅するウイルスで、通常の環境

では感染しにくいウイルスであり、一般に普通の社会生活をしている分には感染者と暮らしたとしても

まず感染することは無い。
多くの専門家の疫学調査でも感染しないことが証明されています。

HIV感染のリスクが一番高いのは、肛門性交です。

肛門性交は妊娠することがないことから、相手が女性であっても肛門性交時にコンドームを使用せ

ず、直腸内で射精することから感染が起こります。

肛門から直腸にかけては毛細血管が多く存在し、その粘膜は性行為をするための組織でないことか

ら、ペニスの挿入で簡単に傷つき傷ついた粘膜下の毛細血管から精液中のHIVはいとも簡単に感染

してしまいます。
次いで異性間の膣性交による感染が多く、全体の多くは性行為による感染で、注射器の使い回しによる感染、母子感染などが後に続きます。

一般に感染源となりうるだけのHIVの濃度をもっている体液は血液・精液・膣分泌液・母乳が挙げられます。

一般に感染しやすい部位としては粘膜(腸粘膜、膣粘膜など)、切り傷や刺し傷などの血管に達すよ

うな深い傷などがあり、そこに新鮮な血液が絶えず着き続けることによって感染が起こりますが、日常

生活文字色ではまずこのようなことは起こりません。

このようなことは医療現場で起こることがほとんどです。

HIVは通常の傷のない皮膚からは侵入し感染することはありません。

また、日常生活で小さな傷口などに少量の血液が着く程度からの感染も起こりません。

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン

ランキング投票にご協力下さい。
     ↓   ↓
 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
  人気ブログランキングへ


  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV HIV感染経路 HIV感染 性行為 肛門性交

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア