理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 精液と精子のどちらからHIVに感染するのか?






カスタム検索

精液と精子のどちらからHIVに感染するのか?

精液は液体成分の「精漿(せいしょう)」と細胞成分の「精子」とで成り立っています。

精液は、その30%程度が前立腺の分泌液(前立腺液)で、残りの70%程度が精嚢からの分泌液(精嚢分泌液)で、これらの混合物の中に精子が浮遊している状態です。

一般的には、精液といえば、精子も混ざった液体を言いますが、無精子症、精管結紮(けっさつ)【パイプカット】後の精液などでは、精子が含まれていない精液となります。

精嚢からの分泌液には果糖が多く含まれていて、細胞内部に栄養源をもたない精子の鞭毛運動を起こすエネルギー源に用いられます。

精嚢の分泌液と合わさることで精子は初めてその鞭毛を動かして泳ぎ続けることが出来るようになります。

更に前立腺液にはクエン酸が多く含まれ、pHを弱アルカリ性に維持し、精子の生存を助ける働きをします。

これ以外にも、精液からは多くの物質が分離、精製されており、精液の成分として知られています。

例えば、前立腺液には多くの種類のタンパク質分解酵素(セリンプロテアーゼ)が含まれ、これは、精液をさらさらの液体にしたり、精子の細胞表面や女性生殖器内の物質に作用し、受精を起こりやすくするのにも役立っています。

射精された直後から、精子は精液中の果糖を消費しつつ鞭毛運動を行いながら膣内をさかのぼり、卵子に結合しようとします。

また、精子は空気中・水道水中等においては生存できませんし、精液も変質してしまいます。

カウパー腺は射精時以前に尿道から分泌されますが、その粘液状の分泌液は尿道をあらかじめ湿らせすべりをよくし射精に備えるのを助ける働きをします。

ヒトの精液は、射精直後は濁った白色ないし黄白色の粘り気のある液体ですが、10分程経過するとほぼ透明のさらっとした液体に変化します。

その理由は、射精直後には粘り気により女性生殖器内から精液が漏れ出すのを防ぎ、その後は精子の運動を助けるためにさらっとした液体に変化するものと考えられています。

精液の中には、リンパ球が含まれるために、HIV感染者は精液の中のリンパ球にHIVが存在します。

その為、射精で膣内に排泄された精液の中のリンパ球の中にいるHIVが膣粘膜から感染することになります。

よく精子の中にHIVが存在すると間違って考えられていますが、精子の中にはHIVは存在しません。

その為精子からHIVに感染するのではなく、精液の中のリンパ球に由来するHIVから感染が起こります。

カウパー液も同様に、その中にリンパ球があり、そのリンパ球の中のHIVが感染することになります。

パイプカットをした人の精液の中には精子はいませんが、精液の中のリンパ球は存在しますから、その中のHIVから感染が起こります。

投票をお願いします。
    ↓
blogram投票ボタン
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : HIV HIV感染 カウパー液 精液 精子

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア