理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 劇症エイズとは?






カスタム検索

劇症エイズとは?

1991年1月に日本の首都圏在住の24歳の男性が、高熱が続き、全身のリンパ腺が腫れるなどの激しい風の症状で入院。

その後回復して、5月に退院しましたが、7月下旬に呼吸困難となり再度入院したため、精密検査を行った結果、8月にエイズであることが判明しました。

そしてその1ケ月後にニューモシスチス肺炎で死亡しました。

この男性は、91年1月にHIVに感染したと推測されていますが、HIVに感染して、数ヶ月で発病し、感染より僅か8ケ月で死亡するという劇症型のエイズと報告されています。

当人が死亡したために感染経路等は全く不明です。

このような激しい症状を起こしてHIV感染後数ヶ月で死亡する劇症エイズは多く存在するのでしょうか??

この症例のように、HIVに感染後、僅か8ケ月でエイズを発症して死亡する劇症エイズの報告は日本ではこの1例しかありません。

また、世界中を調べてもこのような劇症エイズは非常に稀です。

本来、HIVは毒性が弱く感染後8?10年前後で発病するのが常ですが、このように感染後僅か8ケ月で発病して、死亡する劇症エイズを起こすHIVは通常のHIVに比べてはるかに毒性が強いHIVと考えられていますが、症例が少ないために詳細は解明されていません。


□□□血液の鉄人からのお知らせ□□□


また、当ブログの親サイト『新医学と切手の極意』も、HIBV/AIDS及び性行為感染症に関する有用な情報・知識を発信していますので、是非ともご訪問下さい。

新 医学と切手の極意

更に、『新医学と切手の極意』では、HIV/AIDS及び性行為感染症、その他血液の関する電話相談室を解説していますので、お気軽にご利用下さい。

電話相談室


HIV/AIDS及び性行為感染症、血液全般の相談も、『エイズ相談掲示板』で受け付けていますので、「利用規程」をよくお読みになり、お気軽に相談して下さい。

↓            
エイズ相談掲示板


  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : HIV 劇症エイズ

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア